「素晴らしい」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「素晴らしい」とは? ビジネス用語

ここでは「素晴らしい」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「素晴らしい」とは?

「素晴らしい」は、大変優れていることに対して使われる賛美の表現になります。

「この商品は素晴らしい」と使った時には、その商品がいかに優れているのか伝えたいために用いていると考えてよく、意味の中で色々な解釈ができる表現です。

先の例にしても、機能が多いことからそうなのか、誰にでも使いやすいことがそれに当たるのか、またはコストパフォーマンス的な面に対して言っているのか分からないため、そこにまで言及してここがそうだという使い方をすることもできます。

そのような物理的な物だけでなく、「ここから見える景色は素晴らしい」といったように用いることもでき、その景色が普段見られるようなものではない優れたものだと表現している使い方になります。

少し砕いて解釈すると、それに及ぶものは滅多にないという意味だと考えてよく、もっと砕くと、すごくいいと言っていることになります。

「素晴らしい」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「素晴らしい」は、口語、文章のどちらでも使うことができ、その対象がいかに優れているかを表現したい時に用いられます。

この前に「とても」「大変」とつけると更に優れていることを表現でき、その使い方も多く見聞きします。

前述のように、物理的ではない風景なども対象になり、考え方やアイデアといったものに対して使うこともできます。

このように、広い対象に対して色々な意味で優れていると使うことができる便利な表現で、英語で言えば“wonderful”が相当する言葉になります。

ただし、そちらも含めて使っている側がそう考えているだけということもあるため、人によってはそうとは思わない、全く違うといった使用感や感想があることも少なくありません。

「素晴らしい」を使った例文

・『先日の会議では素晴らしいアイデアを出していただきまして、ありがとうございました』
・『環境についての素晴らしい取り組みだと感心いたしました』

「素晴らしい」の類語や言い替え

・『美しい』
こちらは英語では“beautiful”となり、見た目に綺麗な対象に対してそれを褒めるために用います。

基本的には景色や風景、絵画などに対して「素晴らしい」とよく似た意味で使われる表現ですが、行動や態度などでそれは感心できると思った場合にも、「素晴らしい」と同様の解釈で使うことができます。

まとめ

「素晴らしい」は、大変優れた対象に対して賛美の意味を込めて使われる表現です。

目に見えないものに対して使うこともでき、何がそうだと添える用い方をすることもできます。

タイトルとURLをコピーしました