「繰り返さぬよう」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「繰り返さぬよう」とは? ビジネス用語

ここでは「繰り返さぬよう」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「繰り返さぬよう」とは?

「繰り返さぬよう」は、何かの間違いを起こしてしまった時に、また同じことをしてしまわないようにという解釈で使われる表現になります。

よって、そういったことがあった場合のお詫びに使われるもので、「今後は同じことを繰り返さぬよう、細心の注意を払う所存です」のような用い方になります。

それだけ悪いことをしてしまったと伝えている表現になりますが、イージーミスに対して使うこともでき、その時には失敗自体は大したことがないものであっても、繰り返す可能性があるミスだった時に用いられます。

例えば、ちょっとした確認を忘れたために起こってしまったことなどがそれに当たり、今後はそれを「繰り返さぬよう」という使い方をすることが多いです。

「繰り返さぬよう」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「繰り返さぬよう」は、これからはそうはしないように気をつけますといった使い方になりますが、この表現を使ってお詫びをしただけでなく、本当にそのように気をつけないといけません。

また同じことを繰り返してしまっては、「繰り返さぬよう」という言葉が嘘になってしまうだけでなく、この人やその会社は信用できないと思われてしまう可能性があるだけに、これには本当に注意が必要になります。

よって、何かまずいことをしてしまった時のお詫びの表現は数あれど、この「繰り返さぬよう」と使った時にはそこで挙げた内容については決して繰り返して起こさないように気をつけてください。

口語、文章のどちらでも使うことができる表現で、ビジネスシーンでは起こしてしまった間違いに対するお詫びの文章内でよく用いられています。

「繰り返さぬよう」を使った例文

・『確認が足りず、申し訳ありませんでした。もう同じ失敗を繰り返さぬように気をつけます』
・『この度は大変ご迷惑をお掛けいたしました。同じことを繰り返さぬよう、今後は一層注意して参ります』

「繰り返さぬよう」の類語や言い替え

・『このようなことがないよう』
「繰り返さぬよう」と同様に、同じことがないようにという意味で使われる表現です。

上の例文はどちらもこの表現で言い替えることができ、ビジネスシーンでよく用いられている点も同様です。

まとめ

「繰り返さぬよう」は、もう同じ間違いはしないようにという解釈で用いられます。

お詫びのために使われますが、この表現を使った後には本当にもう同じ間違いをしないように注意してください。

そうでないと、折角のこのお詫びの表現が台無しになってしまうからです。

タイトルとURLをコピーしました