「肌寒い日もございますので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「肌寒い日もございますので」とは? ビジネス用語

ここでは「肌寒い日もございますので」の意味や使い方について、詳しく見ていきます。

「肌寒い日もございますので」とは?意味

「肌寒い日もございますので」は、主に晩秋と言える季節に使うことができる文章の締めの1つです。

まだそれほど実際に肌寒いという訳ではないものの、時にはそのような日もあるといった秋も深まった頃だからこそ使える表現で、これだけで使うことはなく、この後に相手の身体を気遣う言葉が続くのが通常です。

例として、「肌寒い日もございますので、どうぞご自愛ください」といった具合で、言わば社交辞令です。

そのため、ビジネスで取引先の相手に対するメールの締めや、定期的に手紙を出し合う仲などでよく使われています。

ですが、ちょうどこれを使うのが適切だというタイミングが短いため、それほど多用されている訳でもありません。

「肌寒い日もございますので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「肌寒い日もございますので」は先のように、社交辞令と言える文章の締めの表現です。

相手の身体を気遣う言葉を続けてセットで使うもので、失礼になることはないので使えると思った時には特に相手を選ばずに用いて構いません。

注意点として、まだ暑い日の方が多い秋になってすぐのタイミングや、毎日寒い日が続く冬になってから使うとおかしくなってしまうので、そういった時には別の締めの表現を選ばないといけません。

また、口頭で使うことはまずなく、文章で身体を気遣う言葉とのセットになりますが、あくまで社交辞令的な表現のため、実際にそこまで相手の事を気遣って使っている訳ではないという点も覚えておきましょう。

「肌寒い日もございますので」を使った例文

・『寒い日もございますので、お体にはどうぞお気をつけください』
・『季節柄、寒い日もございますので、体調にはくれぐれもご注意ください』

「寒い日もございますので」の返答や返信

この「寒い日もございますので~」と使われたとしても、これに対する返答は特に必要ありません。

それは、ここまでに何度か書いてきたように、文章の締めに使われる社交辞令だからです。

そのため、無理に返信をしてしまって、社交辞令が通じない人だと思われてしまうようなことがないように気をつけましょう。

まとめ

「寒い日もございますので」は、晩秋の季節に使える文章の締めの表現です。

特に相手を選ばずに用いることができますが、ちょうど使えるというタイミングが短いため、この手の社交辞令の中ではそれほど使われているものでもなく、そういった季節にうまく使えるこのような社交辞令の表現もあると覚えておく程度でいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました