「自分を磨いていく所存ですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「自分を磨いていく所存ですが」とは? ビジネス用語

ここでは「自分を磨いていく所存ですが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「自分を磨いていく所存ですが」とは?

「自分を磨いていく所存ですが」は、自分なりの理想へ近付くために日々努力を重ねていくつもりですがといった意味になります。

最後が「が」で終わっているので、そのつもりですがここが難しい、このような問題がある、力を貸して欲しいといったような内容を続けて使うものです。

このような解釈になるため、どのような場面で使われるのかと言えば、自分の力不足で相手に迷惑を掛けてしまったといった後や、何かで評価をされたものの、自分ではまだまだだと思っているような場合で、限られたシーンでしか使うことができませんが、先のような決意を相手に表明するにはもってこいの表現で、それだけやる気があるからこそ使うことができます。

「自分を磨いていく所存ですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「自分を磨いていく所存ですが」は、主に文章で使われる表現で、この後につける表現が大切になります。

自分なりの努力をしていくことに対し、相手にどうして欲しいのかといったことが主なその内容になり、例えば、「何かとお力添えいただくことがあるかも知れません」などという具合で、基本的には助けて欲しいといった内容になることが多いです。

語尾を「ですので」とすると使い方が少し変わり、「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」のような表現で締めることができます。

原文の「ですが」の場合、それを行っていくもののという終わり方になっているので、きちんと意味のある文章として完成させる難しさがあるのでそこに注意してください。

「自分を磨いていく所存ですが」を使った例文

・『これからも自分を磨いていく所存ですが、まだまだ至らない点が多いかと存じます』
・『引き続き自分を磨いていく所存ですが、私一人では手に負えないことがありましたら、お力をお貸しくだだけますと幸いです』

「自分を磨いていく所存ですが」の類語や言い替え

・『自己研磨に励んでいく所存ですが』
「自分を磨く」ことをこの「自己研磨」と表現することができます。

それに励んでいくと使うことで同じ意味になり、こちらにしても全く同じことを言っています。

・『日々精進を重ねていく所存ですが』
表現は変わりますが、自分を磨くことは日々の精進の積み重ねになるため、意味はほとんど一緒です。

よって、こちらも言い替え表現になります。

まとめ

「自分を磨いていく所存ですが」は、自分の理想に近付くための努力を重ねていくつもりだと宣言している表現です。

そのために力を貸して欲しい、迷惑を掛けるかも知れないなどといった文言を続けて文章にして使うもので、使い方は難しいですが、そのような意志の表明として用いることができます。

タイトルとURLをコピーしました