「良いお年をお迎えください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「良いお年をお迎えください」とは? ビジネス用語

「良いお年をお迎えください」とはどのように使う?

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「良いお年をお迎えください」とは?

「良いお年をお迎えください」とは12月の半ば過ぎの頃になると使い始める年末の挨拶であり、ビジネスの場面も使用することが多い言葉です。

「よいお年を」と略して使うことも多いですが、かしこまっている場面や目上の方に向けた挨拶の場合には、「良いお年をお迎えください」としたほうがよいでしょう。

喪中の際に使ってよいか疑問に感じることもありますが、喪中の場合にはお祝いの言葉が良くないので、この「良いお年をお迎えください」については特に問題ないと考えられます。

「良いお年をお迎えください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「良いお年をお迎えください」は、年末の時期の最後に会う場面での会話や最後に送ることになりそうなメールに記載するとよいでしょう。

あまり早すぎる時期にこの文章を会話やメールで使ってしまうとすごく不自然であり、その挨拶を送った後に会うことがあると変です。

また、大晦日などは「良いお年をお迎えください」という文章を使うのは適切ではないので、挨拶はなるべく、大晦日より前に済ませておくことが重要です。

「良いお年をお迎えください」の正しい敬語表現

「良いお年をお迎えください」の正しい敬語表現としては、「皆様にはよいお年をお迎え下さいますようお祈りいたします」などを使います。

「よいお年をお迎えください」だけでも敬語としての表現にはなりますが、大切なお客様やすごく目上の方に対して挨拶をする場合には、少しでも丁寧な印象になる表現を心がけることが重要です。

「良いお年をお迎えください」を使った例文

・『少し早いですが、お会いするのも今年最後になるので、どうか良いお年をお迎えください』
・『健康に気を付けてよいお年をお迎えください』
・『けがの無いよう、どうかよいお年をお迎えください』

「良いお年をお迎えください」の類語や言い替え

「良いお年をお迎えください」の類義語としては、「良いお年をお過ごしください」「来年もよろしくお願いします」などがあります。

特に大晦日に年末の挨拶をする場合には、「来年もよろしくお願いします」が適切だといえます。

そのほかに「良い年の瀬をお過ごしください」といった表現を使うこともできます。

まとめ

「良いお年をお迎えください」という挨拶は、年始の挨拶と並んで仕事では非常に重要な言葉となります。

きちんとしたタイミングで年末の挨拶をすることが出来れば、顧客からも信頼を勝ち取ることが出来るでしょう。

タイトルとURLをコピーしました