「誤解を招く返答をしてしまい」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「誤解を招く返答をしてしまい」とは? ビジネス用語

この記事では「誤解を招く返答をしてしまい」について解説をします。

「誤解を招く返答をしてしまい」とは?意味

間違った解釈をさせてしまうような答え方をしてしまって、という意味です。

「誤解」には、ある事柄について、本来のものとは違った理解や解釈をすることという意味があります。

事実や相手の言葉を間違って認識することです。

「招く」は好ましくない事態を生じさせるという意味です。

「事故を招く」のような使い方をします。

「返答」は、問いかけに答えること、またその答えという意味です。

答えを返すことや、その返す答えのことをいいます。

「誤解を招く返答をしてしまい」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、話し手が伝えた事柄を、相手が間違って認識してしまったときに使用をします。

たとえば、話し手がAという返答をしたとします。

しかし、その伝え方が悪かったため、聞き手はBと認識をしてしまいました。

話し手の言葉の意味を間違って理解してしまったのです。

このような状態を「誤解」といいます。

こういった状態になってしまうのは、好ましくないといえます。

好ましくない事態を発生させているので、このことを「招く」といいます。

誤解をさせてしまったのは、話し手側に問題があるといえそうです。

また、誤解をさせてしまったことで、相手に迷惑をかけることもあります。

そのため、「しまい」の後には謝罪の言葉が続くことが一般的です。

誤解をさせないためには、客観的な事実と自分の考えをわけて伝えることや、文章を読む人の視点に立って書いたものを読み返してみることが大切です。

誤解をされているとわかったならば、その時点ですぐに正しいものを伝えるようにしましょう。

「誤解を招く返答をしてしまい」を使った例文

・『誤解を招く返答をしてしまい、申し訳ありませんでした』

「誤解を招く返答をしてしまい」の返答や返信例

誤解をしてしまったのは、相手の伝え方に問題があるかもしれませんが、こちらの理解不足であるともいえます。

そのため、相手を非難するばかりでなく、こちらの非を認めることも必要でしょう。

この後には謝罪の言葉が続き、正しい事柄が伝えられるはずです。

正しい事柄を伝えてきたならば、認識を新たにしましょう。

理解できない部分があったなら質問をして、正しく理解できるように努めます。

誤解のないようにしましょう。

まとめ

この言葉は、話し手側が伝えた事柄を、相手が間違って理解や解釈してしまったときに使用をします。

わかるように伝えたつもりでも、自分が意図していなかった意味で相手が受け取ってしまうことがあります。

そのような事態にならないように、伝え方に気をつけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました