「貴重なお時間をいただき」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「貴重なお時間をいただき」とは? ビジネス用語

相手に時間を捻出してもらう場合に使う「貴重なお時間をいただき〜」

どういう意味の言葉で、どういう場面で使用するのか、詳しく解説していきます。

「貴重なお時間をいただき〜」ってどう言う意味?

「貴重なお時間をいただき〜」は相手の時間をいただく、という相手を敬う気持ちを意味しています。

主に主催側が相手に対して使う言葉ですね。

他の表現として、「貴重なお時間を割いていただき?」などもあります。

これは書き方は違うものの、意味は同じなのでどちらを使っても問題ありません。

他にも定型文として「貴重なお時間をいただきありがとうございます」というものがあります。

これは面談や打ち合わせなど、相手にわざわざ時間を作ってもらったことに対するお礼として使われる言葉です。

主に日程が決まった段階で使われるフレーズですが、過去形にすれば打ち合わせ後のお礼としても使えます。

覚えていて損することはないので、この定型文は覚えておきましょう。

「貴重なお時間をいただき〜」を使う場面とは?

先程、「貴重なお時間をいただき〜」は相手の時間をいただくということを意味すると説明しましたが、実際どういう場面で使われる言葉なのでしょうか。

まず、会う約束を取り付ける場合。

打ち合わせ等を実施する詳しい日時が決まった段階で使用します。

この時は一緒に場所や日時などを簡単に記載しておくとさらにわかりやすく、相手に対しても親切です。

次は謝罪で使う場合。

これは取引先の方や上司以外にお客さん相手に使用することもある言葉です。

こちらのミスで相手の時間を奪ってしまった場合、無駄にしてしまった場合に使用します。

使い方としては「貴重なお時間をいただき、申し訳ございません」のように使います。

最後は打ち合わせの後、締めの言葉として使われます。

わざわざ相手に時間を作っていただいたお礼として使われます。

軽く打ち合わせ内容について触れることもできればさらに感謝の気持ちが相手に伝わりますよ。

いずれもメールで多用されることの多い言葉ですが、相手に直接言う場合も少なくありません。

特に謝罪の場面では事前に予測できない場面で、相手に直接言わなくてはいけない状況になることが多いです。

先程紹介した定型文はもちろんですが、「貴重なお時間をいただき〜」さえ覚えておけば緊張する場面でもスムーズに言えるようになります。

まとめ

「貴重なお時間をいただき〜」の使い方や意味について、ご理解いただけましたか?相手の時間をいただくのですから、誠心誠意お礼を伝えたいです。

謝罪の場面でも謝罪の気持ちを適切に相手に伝える必要があります。

使うタイミングや状況を考えて、適切な言葉を使用して気持ちを伝えたいものです。

タイトルとURLをコピーしました