「連絡が遅くなり申し訳ありません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「連絡が遅くなり申し訳ありません」とは? ビジネス用語

ここでは「連絡が遅くなり申し訳ありません」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「連絡が遅くなり申し訳ありません」とは?

「連絡が遅くなり申し訳ありません」は、その連絡をもっと早くするべきだったのに、遅くなってしまったと伝えている表現になります。

つまり、このように連絡している時点で該当の連絡はしていることになり、この後に用件になる内容を続けるという具合です。

この前に遅くなってしまった理由を添えて用いることができ、例えば、ビジネスシーンで「長期の出張により、連絡が遅くなり申し訳ありません」などと使われることがあります。

どれくらい遅くなった場合にこの表現を用いるのかはこのように使う側が決めることなので、本来より何日遅れた時に使うといったような決まりはありませんが、相手によってはすぐに返事ができなかった時にはとりあえずこう使っておくのが無難だということもあり、いつもの連絡のペースなども考慮して使われる表現です。

「連絡が遅くなり申し訳ありません」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「連絡が遅くなり申し訳ありません」は、口語でも使うことができますが、近年ではメールで用いられることが多い表現です。

その場合、メールの冒頭がこの表現になり、続けてすぐに本題に入ることができます。

遅くなった理由を添える場合には、先のようにこの前につけるもので、この後に続ける必要はありません。

その理由も簡単な内容に留めるべきで、つまり、それを添えなくても構わない程度にしか遅くなっていない場合に用いる、少々カジュアル感も見え隠れする表現となっています。

よって、かなり遅くなってしまった、または大切な相手だという場合にはこのままでは用いるべきではなく、もう少し丁寧にした「連絡が遅くなりまして大変申し訳ありません」のようにするといいでしょう。

最初に「ご」をつけて「ご連絡が~」とすると更に丁寧になるので、元の形も含めてその形で使われることが多いです。

「連絡が遅くなり申し訳ありません」を使った例文

・『急な社用のため、連絡が遅くなり申し訳ありません』
・『こちらの都合により、ご連絡が遅くなり申し訳ありません』

「連絡が遅くなり申し訳ありません」の類語や言い替え

・『返信が遅れてしまい申し訳ありません』
メールでのやりとりに限定される表現ですが、相手から返信を求められている場合にはこちらを使った方が適しています。

この表現でも「ご」を前につけて使うと少し丁寧になるので、そのようにして使われることが多くなっています。

まとめ

「連絡が遅くなり申し訳ありません」は、この連絡自体が本来より遅くなってしまったと表現するために用いられます。

このようにつかったことでそのお詫びとなり、続けてすぐに要件に入ることができます。

タイトルとURLをコピーしました