「間に合っていますので結構です」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「間に合っていますので結構です」とは? ビジネス用語

ここでは「間に合っていますので結構です」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「間に合っていますので結構です」とは?

「間に合っていますので結構です」は、それが必要ないと伝えるための表現です。

何かを勧められたような場合に、それはもう持っている、今は必要ないといったような意味で使われますが、本当にそうではなくとも断るためにこの表現を使うことがあり、言ってしまえば体よく断るために使われています。

よって、このように使われた側も、断られたかといった程度に軽く考えるべきで、元々大した話ではないことに対して使われる表現だと考えていいでしょう。

よって、ビジネスではあまり使うことはなく、あるとしても何も興味もない飛び込みの営業への対応などになります。

付き合いのある会社であれば、例えそれが不要だったとしても、このような軽い言葉で断ることはしないものです。

「間に合っていますので結構です」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「間に合っていますので結構です」は、丁寧な形にすることもできます。

その場合、「折角のお勧めですが、間に合っていますので結構です」のような使い方になりますが、それでも相手が受ける印象的にあまりいいものではないため、「間に合っていますので結構です」といった表現自体を使わない方が無難です。

それ本当に不要で、この表現が一番合うと思った場合には、この後に「不足した際には改めてお知らせいたします」などとつけ加えると幾分表現的にマイルドになり、この使い方であればビジネスで用いてもそれほど失礼にはなりません。

ただし、次の機会にはといった期待をさせてしまう懸念があるので、そのような相手をするのが面倒だという場合にはそのように使うのはやめておきましょう。

「間に合っていますので結構です」を使った例文

・『折角ですが、間に合っていますので結構です』
・『ちょうど仕入れがあったばかりで、今は間に合っていますので結構です』

「間に合っていますので結構です」の類語や言い替え

・『何とかなりそうですのでご遠慮申し上げます』
「間に合っていますので結構です」をビジネスでも問題なく使えるようにした表現がこちらになります。

このように断れば失礼にほとんどなることはなく、この前に「そちらにつきましては」などとつけて使われます。

まとめ

「間に合っていますので結構です」は、それは要らない、必要がないという意味で用いられる表現です。

軽くあしらうような断りの文言になるので、ビジネスで使うのはあまり推奨されず、このような表現を使って軽く断れるような関係で用いられると考えてください。

タイトルとURLをコピーしました