「静養に努めてまいります」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「静養に努めてまいります」とは? ビジネス用語

ここでは「静養に努めてまいります」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「静養に努めてまいります」とは?

「静養に努めてまいります」は、体調を崩してしまったり、比較的大きな怪我をしてしまったような時に使う言葉です。

それについて問われた場合や、自らこんなことがあったと添えた上で、この「静養に努めてまいります」と使い、しばらくはおとなしくして回復に努めると表現しています。

「静養」としているだけに、仕事はせずにお休みをするといった意味も含まれており、ビジネスシーンではそれまで頻繁にメールのやりとりをしていたような相手や、自分が居ない代わりに違う人間を立てたような場合に、この表現を使って自らはしばらく対応できないと伝えることができます。

「静養に努めてまいります」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「静養に努めてまいります」は、自らに体調不良や怪我などがあった時に用いる表現です。

人のそれに対して使うことはできず、自分が今はそのような状況だと伝えることになり、ビジネスであれはしばらくは対応などができないということも分かってもらえるでしょう。

その他のシーンでも、様々な誘いに付き合うことはできない、おとなしくしていると相手に伝えることができ、そのように表現している丁寧な形です。

主に文章で使うことになるので、この表現と同時にこの状況になってしまった理由の記載が必要ですが、相手が既にその事情を分かっている場合は例外で、まだ出社することができない、しばらくは回復に努めることになるといった使い方をすることもできます。

「静養に努めてまいります」を使った例文

・『数日前より体調を崩してしまいまして、しばらくは静養に努めてまいります』

・『ご心配していただきありがとうございます。

もうしばらくは静養に努めてまいります』

「静養に努めてまいります」の類語や言い替え

・『養生してください』
こちらは使い方が逆になる表現で、「静養に努めてまいります」と使った病気や怪我をした側に対してこのように返すことで、早い回復を祈っていると伝えられることができます。

カジュアルに言えば“お大事に”となり、そちらと同じ意味になりますが、ビジネスシーンや大事な相手に対してはこちらの表現の方が合っており、誰に対して使っても失礼になることはありません。

まとめ

「静養に努めてまいります」は、病気や怪我でしばらく身動きがとれない、回復に務めるといった意味を表現できます。

丁寧な表現になるため、ビジネスシーンでも多用されており、これを使うことによって近々の対応はできないといったことも同時に伝えられます。

タイトルとURLをコピーしました