「駄文ですみません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「駄文ですみません」とは? ビジネス用語

メールの締めに使われることの多い「駄文ですみません」

ここではこの言葉の意味と使い方について解説していきます。

「駄文ですみません」ってどういう意味?

「駄文ですみません」は主にメールの締めの文章に使われることの多い言葉です。

「駄文」はつまらない文章、下手な文章という意味の言葉です。

つまり、「駄文ですみません」はつまらない文章ですみません、という意味を持ちます。

主に、自分の書いた文章を謙遜する意味で使われます。

ではこの言葉、果たしてビジネスメールとしての使用は適しているのでしょうか。

「駄文ですみません」ビジネスメールとして正しい?

結論として、「駄文ですみません」はビジネスメールとしての使用には適していません。

というのも、あまりビジネスの場で「駄文」が使われていないからです。

言葉として間違ってはいないので自身のブログや、コメントなど、ビジネス以外の場では問題なく使用できます。

ですが、目上の人と関わる必要のあるビジネスの場での使用は避けた方が良いでしょう。

それでは代わりにどのような言葉を使えば良いのでしょう。

例えば「拙い文章」です。

「拙い文章」の使い方は?

先程、「駄文ですみません」をビジネスメールで使う場合、「拙い文章」が適していると説明しました。

これは駄文と同じく下手な文章という意味で、謙遜するために使われます。

使い方は複数あり、まず冒頭で使用する「拙い文章でございますが、ご容赦ください」

これは、あまり上手な文章ではないけれど許してください、という意味で使用します。

なにかを説明する文章を送信する際に使われることが多いです。

他にも「拙文ながら〜」というのもあります。

こちらも意味は同じです。

「〜に役立てていただければ幸いです」などを付け加えれば、拙い文章だけれど何か役に立てば嬉しいです。

という意味になります。

これらはあくまで謙遜であり、本当に上手ではない文章を送っても許される、という意味ではありません。

注意しましょう。

まとめ

「駄文すみません」の意味についてご理解いただけたでしょうか。

ネット上では頻繁に見かける言葉ですし、ビジネスメールでは使用しても問題ないかな?と思っていませんでしたか?ですが目上の人に送る場合の多いビジネスメールでの使用はあまり適切ではありません。

注意しましょう。

また、その代わりに「拙い文章〜」という表現が適しているということも説明しました。

ビジネスシーンで頻繁に出てくる場面ではありませんが、資料の補足文や関係するテーマで文章を書いた時など一回は使用する機会のある言葉です。

今のうちに使い方を覚えておいて、いざ使う時に慌てることのないようにしたいです。

タイトルとURLをコピーしました