「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」とは? ビジネス用語

ここでは「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」とは?

「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」は、相手に何かを1つだけ確認させて欲しいという意味で使われる表現になります。

改めてこのような表現を使うのは、1つだけとしながらも、その確認がとても大切だという場合になり、いくつか確認したい事項がある中、これだけはまず確認が必要だと思われることに対して用いられます。

例として、パソコンが全く起動しなくなってしまったという電話を受けたサポート窓口が、この表現を使って「電源コンセントは入っていますか」などと確認を行うという具合で、まずそれができていないと次に進めないような基本になる確認のために用いられることが多いです。

自動車のエンジンがかからなくなったといったケースであれば、「ガソリンは入っていますか」のような確認がこれに当たると考えてください。

「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」は、主にトラブルが起きた際に使われる表現です。

先の例のように、まずこれを聞いておかないことには始まらないということに対して使われるのが通常で、その確認ができた上で次の確認(質問)へと進むという使い方をされるものです。

もしくは何かのトラブルの解決にいくつかの理由が考えられる時に、一番可能性がありそうなものを指してこう使うことがあり、どちらの場合もそれが一番重要だという意味合いで用いています。

サポート窓口の対応などで口頭で使われることが多い表現ですが、文章で用いることもでき、メールでのそのような確認にもよく用いられています。

「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」を使った例文

・『最初に、1つ確認させていただいてよろしいでしょうか』
・『1つ確認させていただいてよろしいでしょうか。メインの電源スイッチは入っていますか』

「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」の類語や言い替え

・『1つだけお聞きしたいのですが』
こちらも同様に、それを確認するのが一番大切だと考えて使う表現になります。

ほとんど同様に使うことができますが、「1つだけ」としているため、続けて使うことはできず、次に大事になることも聞きたい時には「もう1つ」という使い方になります。

まとめ

「1つ確認させていただいてよろしいでしょうか」は、まずそれを確認したいと思う内容に対して用いられます。

各種のトラブルの対応時によく用いられており、何かのサポート窓口では日常的に使われている表現です。

タイトルとURLをコピーしました