「お伺いいたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お伺いいたします」とは? ビジネス用語

「お伺いいたします」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「お伺いいたします」とは?

この言いまわしは「聞く・訪れる・尋ねる」の謙譲語「伺う」「お〜いたします」を付加して謙譲の意を表わし、相手を敬う表現です。

意味は大きく三つあり、「聞きましょう」という意、「質問したい」という前置き、「訪ねます」という予告の意があります。

なお、この言いまわしは「伺う」「いたす」の二つの謙譲語が使われており二重敬語となるため、誤った用法になります。

「お伺いいたします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

前述の通り「お伺いいたします」は誤った用法ですが、現在におけるビジネスシーンにおいてこの言い回しは日常的に誰もが使用していることで、多くの人たちに誤って認知されています。

よって本来は誤った用法であることを理解した上で、現場での使い勝手を見ながら必要であれば使用するようにしましょう。

「お伺いいたします」の正しい敬語表現

この言いまわしは「聞く」「訪れる」「尋ねる」の謙譲語である「伺う」にさらに謙譲の意を表わす「お〜いたします」を重ねて付加した二重敬語の言いまわしです。

そのため本来は誤用となりますが、使い勝手の良さを考慮してケースバイケースで意識的に使用してください。

よって「伺う」を正しい敬語の言い回しにすると「伺います」になります。

なお、この言いまわしは、目上の人にも用いられる敬語表現です。

「お伺いいたします」を使った例文

この言いまわしは二重敬語になり、誤った用法のため使用すべきではありません。

「伺う」の正しい敬語表現である「伺います」を用いた例文を以下に紹介します。

・『お噂はかねがね伺っております』(聞く)
・『明日、こちらから伺います』(訪れる)
・『この件についてご感想を伺いたいのですが』(尋ねる)
)

「お伺いいたします」の類語・言い替え

上述の通り、正しい敬語表現である「伺います」の類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『先週の発表会は大成功だったとお聞きしました』
・『先輩の講演を拝聴しました』
・『当方より貴社に参ります』
・『私がお客様のところに赴きます』
・『その報告書について、課長の意見をお尋ねします』
「お聞きする」「聞く」「お」をつけた謙譲語です。

「伺う」と比べて幾分カジュアルな感じの言いまわしとなります。

また「拝聴する」「聞く」の謙譲語です。

「参る」「行く」または「来る」の謙譲語です。

「伺う」「参る」の違いは「伺う」が行先に対してへりくだった表現が求められるのに対して、「参る」はへりくだった表現が求められない場合にも使用できます。

なお「赴く」「伺う」より改まった言いまわしとなります。

「お尋ねする」「尋ねる」「お」をつけた謙譲語です。

「お聞きする」と同様、「伺う」よりも幾分カジュアルな印象の言いまわしとなります。

まとめ

「伺う」の敬語表現は正しくは「伺います」となります。

「お伺いいたします」は二重敬語で本来誤った使い方であり、使われる場面や人によっては過度な表現と受け止められる恐れがありますので使用は避けるべきです。

タイトルとURLをコピーしました