「お手数ではございますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お手数ではございますが」とは? ビジネス用語

「お手数ではございますが」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や敬語の用い方を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「お手数ではございますが」とは?

この言いまわしの「手数」「面倒」のことで、手続きの数が多くて煩雑なこと、よって手間のかかることの意です。

また、「手数」に接頭辞の「お」をつけて「お手数」とすることで丁寧な表現にしていますが、「ある」の丁寧語の「ございます」に逆説を表わす「が」をつけて「ございますが」とし、前に述べている内容を否定しています。

さらに「では」「お手数」「ございますが」を接続しています。

大変丁寧な言いまわしですが、前の文で現在の状況を説明する一方、それを踏まえた上で指示・依頼する文が後ろに来ます。

「お手数ではございますが」のビジネスでのメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは、忙しい相手に対して何か依頼やお願いする場合にクッション言葉として用います。

いきなり本題に入りにくい場合は前置きとして使うと大変便利です。

非常に丁寧な敬語表現なので目上の人や取引先などに使用するのに適していますが、同僚などの近しい相手に用いる場合は過剰になるため注意が必要です。

例えば、自社製品の展示会会場で来場者にアンケートの記入をお願いする場合に使用するとよいでしょう。

「お手数ではございますが」の正しい敬語表現

上述のとおり、この言いまわしは「手数」に丁寧語の「お」がついた「お手数」「ある」の丁寧語である「ございます」が付加された非常に丁寧なフレーズです。

丁寧な表現にはなっていますが、内容は相手に対して面倒をかけることになるため、その点を踏まえて上手に使用する必要があります。

「お手数ではございますが」を使った例文

この言いまわしを使用した例文を以下に紹介します。

・『お手数ではございますが、承認をお願いいたします』
・『お手数ではございますが、アンケートのご記入にご協力お願いいたします』

「お手数ではございますが」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『お手数をおかけしますが〜』
・『お手間を取らせますが〜』
・『ご面倒とは思いますが〜』
・『お手数ですが〜』
「お手数」「お手間」「ご面倒」に言い替えられます。

また、「〜ではございますが」「〜おかけしますが」「〜を取らせますが」「〜とは思いますが」などの表現に言い替えできます。

また、この言いまわしを「お手数ですが」というように簡潔な敬語にもできますが、丁寧さは低くなります。

まとめ

この言いまわしは相手に面倒な依頼したりお願いしたりする時のクッション言葉として目上の人などに用います。

とても丁寧な言いまわしのため、近い関係の人にはもう少しカジュアルな「お手数ですが」と言い替えた方がよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました