「お招きいただき光栄です」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お招きいただき光栄です」とは? ビジネス用語

なにかに招待してもらった時に使う「お招きいただき光栄です」

ここではこの言葉の意味と使い方について解説していきます。

「お招きいただき光栄です」ってどういう意味?

この言葉はパーティー等で、相手に招待してもらった際のお礼として使う言葉です。

「光栄です」には名誉に思うこと、という意味があります。

よって招待してもらえてとても嬉しいです、という感謝の気持ちを相手に伝えることができます。

また「お招きいただき?」には似たような表現として、「お招きにあずかり?」という言葉があります。

どちらも同様の意味ではあるものの、少しニュアンスとしては堅めな表現です。

そのため使用する際はどのような状態なのかを見極め、適切な場面かを判断する必要があります。

ちなみに、「お招きにあずかり〜」はこのようにひらがなでも構いませんが、漢字で書く際は「お招きに与り〜」になります。

「預かり」と間違わないよう、セットで覚えておきましょう。

また、「光栄です」も同じような表現として「ありがとうございます」があります。

日常生活でも使う機会の多い言葉ですね。

ご存じの通り「光栄です」と比べて軽いニュアンスになります。

「光栄です」「ありがとうございます」は同じ意味だということだけでも覚えておきましょう。

「お招きいただき光栄です」はどうやって使う?

先程説明したように、「お招きいただき光栄です」は何かに招待された際にお礼として使用します。

例えば、招待してもらった際のお礼のメールでは「そのような場にお招きいただき、光栄です」のように使います。

ここで注意したいのは、パーティー終了後のお礼としては適さないという点です。

なぜなら、「光栄です」は現在形であり、過去形として使うには適さない言葉だからです。

パーティー終了後、お礼のメールを送りたい場合は「お招きいただきまして、誠にありがとうございます」の方が適しているでしょう。

その際にパーティーの様子や、感銘を受けた部分なども一緒に記載しておくと、より感謝の気持ちが伝わりますよ。

まとめ

「お招きいただき光栄です」の意味と使い方について解説していきました。

いかがでしたでしょうか。

「光栄です」は招待してもらったお礼以外にも、褒めてもらった、重要な役に任命してもらった、表彰してもらったなど使うことのできる部分はたくさんあります。

覚えておけば多くのビジネスシーンで使用することができるので、ぜひ覚えておきましょう。

何かに招待される、という機会は多いとは言えません。

その分、急にそんな機会が訪れたら緊張してしまいます。

この言葉だけでも覚えておいてスマートにお礼が伝えられるようにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました