「お知らせください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お知らせください」とは? ビジネス用語

ここでは「お知らせください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「お知らせください」とは?

「お知らせください」は、何かを教えて欲しいと伝えている表現になります。

その知りたいことをこの前につけて使うことになり、「お分かりになりましたらお知らせください」とした時には分かったときには教えて欲しいと言っています。

このような使い方になるため、ビジネスシーン以外でもよく見聞きする表現で、口語、文章のどちらでも使われており、丁寧に何かを教えて欲しいと相手に伝えることができます。

ですが、それが是非聞きたいというニュアンスではなく、このような場合には教えて欲しいといった使い方をすることが多いです。

そのため、先のような使い方や「疑問点がありましたらお知らせください」などと用いられており、この後の相手の返答を待つという受け身になって使う表現だと考えてください。

「お知らせください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「お知らせください」は、そういうことがあれば教えて欲しいといった使い方になることがほとんどなので、それがない時には相手から何も伝えられることはありません。

また、それがない方がいいと思って使うことがほとんどになるため、念のために使っているという用い方になると考えていいでしょう。

よく見る「気になる点があればお知らせください」のような使い方がそのいい例で、もし何かが気になると言われれば、可能な範囲でそれについての対応を行わないといけません。

ですが、何も言われなければ何をする必要もないため、それに越したことはないと言うことができます。

つまり、「お知らせください」とは言っていても、できればそれがない方がいいという裏腹なところが大いにある表現なのが実際のところだと言えるでしょう。

「お知らせください」を使った例文

・『気付いたことがありましたらお知らせください』
・『何か御用がありましたら、遠慮なくお知らせください』

「お知らせください」の類語や言い替え

・『ご連絡ください』
「お知らせください」は、こちらにそのまま言い替えられる場合も多い表現です。

上の例文も2つともこの「ご連絡ください」にしても意味が変わることなく使うことができ、どちらの表現にしてもほとんど変わることはありません。

まとめ

「お知らせください」は、何かがあれば教えて欲しいと伝えるための表現になります。

ですが、そのように言っておきながら、実はそれがないに越したことはないという少し変わった使い方になり、実際にも念のためとして用いることが多くなっています。

タイトルとURLをコピーしました