「こちらでお待ちください」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「こちらでお待ちください」とは? ビジネス用語

「こちらでお待ちください」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

「こちらでお待ちください」とは?

「こちらでお待ちください」は、ここで待つように相手にお願いする言葉です。

「こちら」は、近い場所を指し示す場合に使用します。

これが自分から遠い側にあれば「そちら」となります。

また、「お待ちください」「待つ」という言葉が変形したものです。

「待つ」「待ち」とすれば連用形になります。

これは、このままの形で名詞のように取り扱う事も可能です。

さらに、ここでは接頭語を使っています。

これに尊敬語の「ください」を加えて、「お待ちください」としているのです。

なお、「ください」「くれ」と同じ意味を持ちます。

「こちらでお待ちください」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「こちらでお待ちください」を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、顧客が上司に会いに来たとします。

しかし、あいにく上司は会議のために離席しているのでした。

このような場合には、「よろしければ、こちらでお待ちください」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手にこの場所で待つように、お願いする事ができるのです。

この言葉を使用する際には、「お待ちください」も使い方に注意しましょう。

これは「お待ちいただきたい」「お待ち願います」で代替できます。

どれも同じような意味ですが、敬語の種類が違ってくるのです。

使用する状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「こちらでお待ちください」を使った例文

「こちらでお待ちください」を使った例文を挙げます。

例文のように、少し言葉を付け加える事で、印象の違う表現を作り出せるのです。

・『よろしければ、こちらでお待ちください』
・『部長が戻るまで、こちらでお待ちください』
・『もうすぐ参りますので、こちらでお待ちください』

「こちらでお待ちください」の類語と敬語での言いかえ

それでは「こちらでお待ちください」の類語と敬語での言いかえを説明します。

「こちらでお待ちください」の類似表現

「こちらでお待ちください」の類似表現には、「この場所でお待ちください」があります。

「こちらで」「この場所で」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「こちらでお待ちください」の敬語表現

「こちらでお待ちください」を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「こちらでお待ちいただきたい」のように言いかえできます。

まとめ

このように「こちらでお待ちください」は、ここで待つように相手にお願いする言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました