「こちらの都合で申し訳ないのですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「こちらの都合で申し訳ないのですが」とは? ビジネス用語

ここでは「こちらの都合で申し訳ないのですが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「こちらの都合で申し訳ないのですが」とは?

「こちらの都合で申し訳ないのですが」は、自分(側)の都合でそうなってしまってすみませんといった解釈になる表現です。

「こちらの都合で申し訳ないのですが、直接取りに来ていただけませんか」のような使われ方になり、自分(側)の都合を一方的に押しつけることになります。

よって、申し訳ないとは使っていますが、そのようにして欲しいという意図を持って使われます。

ビジネスシーンで相手に何かをお願いする際に使いやすい表現となっていますが、先のように一方的にこうして欲しいという意味になるため、相手が必ずしもその通りにしてくれるとは限らず、あくまでお願いになると考えてください。

「こちらの都合で申し訳ないのですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「こちらの都合で申し訳ないのですが」は、口語でも使うことができますが、多くは文章で用いられます。

それは、自分(側)の都合でこうして欲しいというお願いになるため、口語では少々使いにくい面があるためです。

その文章であれば比較的用いやすい表現ですが、あくまでお願いをすることになるので、必ずそれを聞いてもらえるとは限りません。

また、一方的な内容になることから、何度もこのように使うのも避けた方が賢明です。

使われた方とすると、相手側の都合で何かをお願いされることになるため、もちろんそのまま聞かなくてはいけない訳ではなく、内容次第では交渉することになったり、断ることになる場合もあるでしょう。

使う方としては、それも考えた上で用いるものです。

「こちらの都合で申し訳ないのですが」を使った例文

・『こちらの都合で申し訳ないのですが、来週まで期限を延長してもらえないでしょうか』
・『こちらの都合で申し訳ないのですが、デザインを少々変更したいと考えています』

「こちらの都合で申し訳ないのですが」の類語や言い替え

・『勝手を言いまして恐縮ですが』
「勝手」は自分(側)の都合という解釈になる言葉なので、同様の解釈で使うことができる表現です。

こちらを使った場合も相手に必ず聞いてもらえるとは限らないため、あくまでお願いになり、何度も使うべきではないという点も「こちらの都合で申し訳ないのですが」と一緒です。

まとめ

「こちらの都合で申し訳ないのですが」は、自分(側)の都合でこのようにして欲しいとお願いする時に使われます。

ビジネスシーンで文章で用いられることが多く、表現としてはとても丁寧ですが、一方的なお願いに使われる表現になります。

タイトルとURLをコピーしました