「ご健勝をお祈り申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご健勝をお祈り申し上げます」とは? ビジネス用語

ここでは「ご健勝をお祈り申し上げます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご健勝をお祈り申し上げます」とは?

「ご健勝をお祈り申し上げます」は、健康で元気なことを祈っていますという解釈になります。

季節の挨拶表現と共に使われることが多く、暑くなった、寒くなったというシーズンを迎えた際にそれらを表現する文言と共に用いられています。

基本的にこのように伝える相手個人が対象になりますが、「皆様の」などとこの前につけて、ビジネスシーンでその会社の人間全てに対してといった使い方をする場合もあります。

暑くなってきましたが、健康で元気なことを祈っていますといった意味になる挨拶文にして、文章を締める文末に使われるのが一般的で、ビジネスシーンだけでなく、手紙のやりとりをする間柄でも相手の身体を気遣う挨拶文に使われています。

文章で用いるものなので、口語で使うことはありません。

「ご健勝をお祈り申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご健勝をお祈り申し上げます」は、意味としては健康で元気なことを願っているとなりますが、1つの定型表現のため、そこまで意味自体を気にして使うことはありません。

前述のような暑い、寒いというシーズンにうまく使えるとだけ覚えておけばいいでしょう。

具体的には、「暑さの厳しい中ですが、ご健勝をお祈り申し上げます」のような使い方になり、これが文章の締めとなるという具合です。

このような使い方専用の表現だと考えてよく、少し語尾を崩して「ご健勝をお祈りいたします」としても構いません。

近年ではメールで用いられる機会が多くなっており、使える季節のタイミングが合った時には無難な文末の締めの表現としてよく使われます。

「ご健勝をお祈り申し上げます」を使った例文

・『連日厳しい暑さが続いておりますが 皆様のご健勝をお祈り申し上げます』
・『まだまだ寒さ厳しき毎日ですが、ご健勝をお祈り申し上げます』

「ご健勝をお祈り申し上げます」の類語や言い替え

・『ご清祥をお祈り申し上げます』
この「ご清祥」は、健康で幸せに過ごす様子の表現になる言葉です。

ビジネスシーンにはあまり向いていませんが、相手が個人であれば使えないことはなく、どちらかと言えばプライベートな使い方に合っています。

『ご盛栄をお祈り申し上げます』

「ご盛栄」は商売が繁盛する様子の表現です。

よって、この表現では身体を気遣うことにはなりませんが、ビジネスシーンに向いており、個人宛ではなく、「貴社の」「貴団体の」などとこの前につけて使われます。

まとめ

「ご健勝をお祈り申し上げます」は、相手の身体を気遣って使う表現になります。

現在の暑さや寒さの中なので、といった使い方になり、ビジネスだけでなく、プライベートでも使える表現です。

タイトルとURLをコピーしました