「ご多用の折」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご多用の折」とは? ビジネス用語

ここでは「ご多用の折」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご多用の折」とは?

「ご多用の折」は、忙しい中という意味で使う言葉です。

主にビジネスシーンで用いられ、相手が色々と忙しい中、申し訳ないといった気持ちからそのお詫びとして用いる表現です。

よって、「ご多用の折、大変恐れ入りますが~」などと使うことが多く、実際にその相手が忙しいかどうかとはあまり関係なく、何かをお願いする時の礼儀として用いるものだと考えていいでしょう。

つまり、定型表現なのでそこまで意味を気にする必要はなく、それほど親しい仲ではない相手に対して何かをお願いする際にはこのように添えておくものだと覚えておけばいいでしょう。

「ご多用の折」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご多用の折」は、その後に「申し訳ありません」「恐縮ですが」といった言葉が続き、忙しい中にこんなお願いをして申し訳ないという意味で使います。

よって、多くの場合で何かの頼みごととセットになる言葉ですが、それをつけずに既に何かをしてくれたことに対するお礼になる使い方もできます。

主に文章で使われる表現で、ビジネスシーンでよく用いられますが、個人的な知り合いなどに対して使うこともできます。

ただし、その場合は少し畏まった表現になってしまうので、使う相手やタイミングを選ぶ必要があります。

親しい仲であれは、無理にこのような言葉は使わずに、普通に「忙しいとは思いますが」などと意味はそのままに表現を砕いて使う方が自然です。

「ご多用の折」を使った例文

・『ご多用の折、お手間を取らせてしまい申し訳ありません』
・『ご多用の折にも関わらず、先日はご来社ありがとうございました』

「ご多用の折」の類語や言い替え

「ご多忙の折」
意味は「ご多忙の折」とほとんど同じで、こちらの方が一般的な表現です。

そのため、ビジネスではこれを用いることが多いですが、1つだけ違いがあり、「忙」の字が「亡」と似ているため、相手に近く不幸があったような場合には用いないものです。

よって、普段は「ご多忙の折」と使い、そのような時だけここで紹介した「ご多用の折」とするといった用い方がよく見られます。

そのような明確なルールこそないものの、社交的な礼儀の1つとして覚えておくといいでしょう。

まとめ

「ご多用の折」は、忙しい中に何かをしてもらいたいと思う場合、もしくはそのような中に既に行ってもらったことに対するお礼の意味で用いられます。

実際にそのような忙しさだったかはともかく、ビジネスシーンでは定型表現として多用されている言葉です。

タイトルとURLをコピーしました