「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」とは? ビジネス用語

ビジネスメールや手紙において「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」という文を見ることがあります。

どんな使い方をするのが良いでしょうか。

詳しく解説していきます。

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」とは?

「ご自愛」とは「自愛」、つまり自分の体を大事にすることを指し、「ご」を付け敬語にしたもの、「のほど」は、断定せずやわらかい表現にするために用いる敬語、「心より」「心から、本心から」「お願い申し上げます」「願う」「お」を付け丁寧にした「お願い」と、「言う」の謙譲語である「申す」「上げ」の活用形+丁寧語の「ます」から成っています。

これらを一文にし「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」とすると、ご自分の体を大切にしてくださいということを心からお願いしますという意味になります。

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」はどのような使い方をするのが正しいのでしょうか。

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」は、メールや手紙の結びの部分で使われる言葉です。

基本的には、時候のフレーズに続けて使います。

夏や冬など、体調を崩しやすい時期に相手の体調を気遣って「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」を入れます。

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」の一言で、相手は「こちらのことを気遣ってくれている」と好印象を持つでしょう。

目上の人、社外の人はもちろん、親しい間柄同士でも相手を選ばず使える便利な言い回しの一つです。

やや堅めの表現なので、「ご自愛ください」とすることが実際は多いようです。

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」は、メールや文書だけでなく、電話など会話でも使えますが、「健康な状態である」ことが前提の言葉であるため、相手が健康状態が良好でないことがわかっている場合は、使用するのを控えましょう。

また、「お体ご自愛のほど」と表記されているのを見ることがありますが、「自愛」に体という意味も含まれているため、二重表記になり間違いですので、注意が必要です。

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」を使用した例文

『残暑厳しい折、ご自愛のほど心よりお願い申し上げます』
『歳末でご多忙とは思いますが、ご自愛のほど心よりお願い申し上げます』
時候のフレーズや相手の状況を思いやる文とセットにして使われます。

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」の類語や言い替え

では、「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」を別の言葉で言い替えるのであればどのようなものがあるのでしょうか。

先に述べたように「ご自愛ください」としてもよく、こちらのほうが一般的に使われる頻度は高くなります。

また、「ご自愛専一になさってください」という言い回しもあり、「専一」はもっぱら、それだけをという意味で「お体を第一に大切にしてください」という意味になります。

他には「体調には気をつけてください」とすることもあります。

まとめ

「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」は、メールや手紙の締めの部分で使う、相手の体を気遣い、ご自身の体を大切にしてくださいという意味の思いやりの一言です。

仕事の上ではもちろん、人と人との関係を良好に保つために必要な表現の一つです。

タイトルとURLをコピーしました