「ご馳走していただき」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご馳走していただき」とは? ビジネス用語

ここでは「ご馳走していただき」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご馳走していただき」とは?

「ご馳走していただき」は、その相手から食事の提供を受けた際に、その後でお礼として使われる表現です。

そういったことが数日前にあったとすると、「先日はご馳走していただき、ありがとうございました」のように使うという具合で、何かの会合に出席してそこで食事の用意があったような場合にそれに対するお礼に使われたり、そこまで大きくない数人の集まりで支払いをしてもらったような時に礼儀として用いる表現になります。

個人間で目上の人に支払ってもらったような際にも使える表現なので、ビジネスシーン以外でも見聞きすることがあり、その相手に直接口頭で伝えることも多いです。

すぐにはその機会がないと思った時にはメールであまり間が空かないうちに送っておくといいでしょう。

「ご馳走していただき」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご馳走していただき」は、使えるシチュエーションが限定されているため、ビジネスシーンではそう用いる機会がないかも知れません。

ですが、先のような食事と伴う会合があったり、取引先の人から思わぬ接待を受けたような際にうまくそのお礼を伝えることができるため、覚えておくに越したことはない表現です。

「ご馳走していただきまして」と使うと丁寧になるので、他社の人間が相手の場合はそのように用いる方がいいでしょう。

逆に短くして「ご馳走いただき」と使うこともでき、こちらでも特に失礼になることはありません。

そのご馳走になった内容については問わない表現ですが、高額な食事が出された場合にはこの表現だけでは物足りなさがあるため、「大変結構なお食事を〜」などとこの前につけて使うものです。

「ご馳走していただき」を使った例文

・『先日はご馳走していただき、ありがとうございました』
・『あのような豪華なお食事をご馳走していただきまして、ありがとうございます』

「ご馳走していただき」の類語や言い替え

・『ご馳走になりまして』
少し形を変えてこのように使うこともでき、こちらの表現もよく用いられています。

言い替え表現になるので、上の例文のどちらでもこのように使うことができ、もちろん意味が変わることもありません。

まとめ

「ご馳走していただき」は、これより前に食事の提供を受けたことに対するお礼の表現になります。

それほど間をあけずに口頭で伝える機会があると分かっていればその時でいいですが、しばらくそれがないと思った時には早いうちにメールで伝えておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました