「ご馳走になりましてありがとうございました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご馳走になりましてありがとうございました」とは? ビジネス用語

ここでは「ご馳走になりましてありがとうございました」の使い方やその際の注意点、返答の仕方などを詳しく見ていきます。

「ご馳走になりましてありがとうございました」とは?意味

「ご馳走になりましてありがとうございました」は、先方の支払いで飲食をした後に、そのお礼として使うべき表現です。

ここでの「ご馳走」は1対1での飲食から、大勢での飲み会なども含まれ、その相手や先方の会社の支払いだったという場合に用いることができます。

ただし、食べ物のお土産をもらったといった時にはまず使うことはなく、実際の飲食のみが対象になると考えてください。

その相手が該当の場に居なかった場合でも、先方の会社が主催した(費用を負担した)ような時には相手の会社を代表し、このように伝えて構いません。

口語、文章を問わず使える表現で、そのようなことがあった後の電話でこう伝えることも多く、ビジネスシーンだけでなく、目上の人からの飲食のお誘いなどの後にもよく使われます。

「ご馳走になりましてありがとうございました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご馳走になりましてありがとうございました」は、費用が相手もちの飲食が絡んだ場の後に、そのお礼として使う表現のため、そういった場面があればすすんで使うべきだと言っていいでしょう。

そのような場の後の最初の電話やメールにおいて、最初の挨拶の後にすぐに「この前はご馳走になりましてありがとうございました」のように使ってください。

少し間が開いた場合でも、「その節はご馳走になりましてありがとうございました」のように使うことができ、相手としても少し時間が経った後でもこのように伝えられて悪い気持ちをもつことはないでしょう。

ただし、その前に連絡をとっていて、そこで伝えていなかった時にはその後に無理に使うのは避けてください。

その場合はこの前には忘れていて、今更だと思われてしまうからです。

「ご馳走になりましてありがとうございました」を使った例文

・『先日はご馳走になりましてありがとうございました』
・『先の懇談会ではすっかりご馳走になりましてありがとうございました』

「ご馳走になりましてありがとうございました」の返答や返信

このように伝えられた側は、礼儀として「大したおもてなしもできませんでしたが~」などと返すものです。

例え金銭的にそれなりの金額が掛かっていたとしても通常はこのように返答するのもので、特にビジネスでは定型的なやりとりと言える内容です。

まとめ

「ご馳走になりましてありがとうございました」は、相手の支払いによる飲食を受けたに対するお礼になる表現です。

それから早いほど使いやすく、喪に電話やメールで先方に伝えられるものです。

タイトルとURLをコピーしました