「ご高覧ください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご高覧ください」とは? ビジネス用語

「ご高覧ください」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「ご高覧ください」とは?

この言いまわしは相手が見ることを敬って言う言葉です。

「高」は相手に対して敬意を表わし、「覧」は高いところから広く見渡すという意があります。

また「ご」は尊敬の意を表わす接頭語で「高覧」をさらに丁寧に言い表わしています。

「見てください」を尊敬の意で表わすと「ご覧ください」となりますが、「ご高覧ください」はこれよりもさらに丁寧な表現となります。

「ご高覧ください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは書き言葉のため、手紙、ビジネスメール、社外文書などで使用するのが一般的な言葉です。

また書類や物品、案内状などの送付にも使えます。

なお、口頭で使用する場合は格式ばって捉えられるため、会話では「ご覧ください」と表現するほうがいいでしょう。

さらに使用する相手も目上の人、上司、顧客などが対象で、身近すぎる相手だと少し不自然に感じることがあるため、その場合も「ご覧ください」の方が適切です。

「ご高覧ください」の正しい敬語表現

「高覧」「見る」の尊敬語で、これに丁寧語である「ご~ください」をつけた言いまわしです。

尊敬語なので相手が見る行為に対して敬う表現で「見てください」「ご覧ください」よりもより一層丁寧な言葉として取り扱われます。

またニュアンスとして単に見てもらうというより、見ていただくという意になります。

「ご高覧ください」を使った例文

この言いまわしを活用して使用した例文を以下に紹介します』
・『こちらの新製品をご高覧ください』
・『なにとぞご高覧いただけましたら幸いに存じます』
・『ご高覧頂き誠にありがとうございます』
上記二例は相手に見てもらいたい場合の言いまわしの例です。

最後の例は相手にお礼や感謝を伝えるときの言いまわし例です。

「ご高覧ください」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い換え例を以下に紹介します』
・『私がペンを取った作品を是非ともご清覧頂きたく、お願い申し上げます』
・『講演会の感想をメールで送付いたしましたので、ご賢覧ください』
・『私の手料理をブログで紹介しておりますので、是非ご笑覧ください』
・『お手元の資料をご一読ください』
「ご清覧」は手紙など書き物を見ることを敬った言いまわしです。

「ご賢覧」は相手が見ることを敬った尊敬の意を表わす言いまわし、「ご笑覧」は恥ずかしいですが笑って見てくださいというへりくだった言いまわし、「ご一読」はさっと目を通して全体を把握して欲しい場合の言いまわしです。

まとめ

「ご高覧ください」という言いまわしを使用するシーンは限られますが、いざ使用したいときに正しい使い方を知っていないと恥をかくことになります。

正しい使い方を覚えて適切な場面で使うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました