「ご不在とのことでしたので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご不在とのことでしたので」とは? ビジネス用語

ここでは「ご不在とのことでしたので」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご不在とのことでしたので」とは?

「ご不在とのことでしたので」は、ビジネスシーンでその相手に連絡をしたものの、他の人から(その人が対応して)不在だと言われてしまったというシチュエーションで使われます。

つまり、その人以外から不在だと聞きましたので、という意味で使うもので、主に電話で相手の会社に掛けてそのように言われた時に、メールで用いられる表現です。

よって、この後には「メールで失礼いたします」とし、肝心の伝えるべき内容を続けるという使い方になることが多いです。

そのような場合、本来はその相手と直接話したかったところ、それができなかったのでメールを送っておきましたという解釈になるため、そういったシチュエーションでのみ用いられます。

また、不在だったので、自分の方でこうしておきましたといった内容にすることもできます。

「ご不在とのことでしたので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご不在とのことでしたので」は、その相手と連絡がとれなかったので、こうしてメールを送っているという使い方をすることがほとんどです。

その上で伝えるべき内容を述べることになり、時には一方的に伝達になることもあります。

そういった時には、「ご不在とのことでしたので、こちらの方で対応しておきました」のような用い方となり、その手の事後報告という形での使い方もできる表現です。

メールだけでなく、後日に改めてこの表現を使って電話で連絡をすることもでき、その場合だと「先日はご不在とのことでしたので、改めてご連絡いたしました」といったように用いることになります。

使えるシチュエーションが限られていますが、ビジネスでそのようなことがあった時にうまく使える表現です。

「ご不在とのことでしたので」を使った例文

・『お電話をいたしましたがご不在とのことでしたので、このメールにてお知らせいたします』
・『事前にお知らせしようと思いましたがご不在とのことでしたので、私の方で行っておきました』

「ご不在とのことでしたので」の類語や言い替え

・『ご不在でしたので』
こちらを使っても意味は一緒で、使い方も同様になります。

誰かに不在だと聞いたという部分が省略されていますが、それがないだけでこれに言い替えても相手に伝える意図やその解釈が変わることはありません。

まとめ

「ご不在とのことでしたので」は、不在だと聞きましたので、という意味で使われる表現です。

そのため、メールで連絡をすることにした、このようにしておいたといった内容を続けて使うもので、使い方からビジネスシーンで用いられることがほとんどになります。

タイトルとURLをコピーしました