「ご助言いただければ幸いです」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご助言いただければ幸いです」とは? ビジネス用語

「ご助言いただければ幸いです」とはどのように使う?

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「ご助言いただければ幸いです」とは?意味

「ご助言いただければ幸いです」という言葉は、自分の作成した資料や成果物に対して、意見を頂きたいときなどに使用する言葉です。

相手に対して内容のチェックや修正箇所の指摘等をしてもらいたいと考えているときなども、「ご助言いただければ幸いです」といった使い方をします。

純粋に経験豊富な先輩や専門的な知識を持っている人に対して、意見をもらいたいときだけではなく、遠慮なく内容について問い合わせをしてもらいたいときなどにも「ご助言いただければ幸いです」という言い方をします。

「ご助言いただければ幸いです」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご助言いただければ幸いです」という言葉をビジネスメールや会話で使用する場合は、何かを提出したタイミング等で使用するとよいでしょう。

特に相手が遠慮して考えている意見等を言ってくれない可能性がある場合などには、「ご助言いただければ幸いです」と添えることで、相手が資料等に対する意見を言いやすくなります。

使う時の注意点としては、「ご助言いただければ幸いです」といった場合、相手が内容を確認してくれない可能性があるので、絶対に内容のチェック等をお願いしたいという時には、明確に内容を確認してもらえるようにしたほうが良いでしょう。

また、相手に対して時間をかけて内容チェックをお願いすることになってしまうので、「お忙しいところを恐れ入りますが、ご助言いただければ幸いです」という言い方をするとよいでしょう。

「ご助言いただければ幸いです」を使った例文

・『お忙しいところを恐れ入りますが、添付した資料の内容についてご助言いただければ幸いです』

「ご助言いただければ幸いです」の返答や返信

「ご助言いただければ幸いです」というメッセージを受け取った場合には、なるべく内容を確認して意見を返信したほうが良いでしょう。

ただし、相手に応じてその返信内容については、注意が必要であり、顧客や上司を相手に変身をする場合には、間違い等を指摘するのではなく、あくまで意見を伝える形式で返信をする方が良いでしょう。

まとめ

「ご助言いただければ幸いです」という言葉は、顧客や上司とのメールのやり取りや会話、下請け業者や協力業者とのやり取りで使用することが多いです。

きちんと使い方を覚えておくことで、仕事が円満に進むようになります。

相手に対して報告書等の内容確認をお願いしたいという時などにこの表現を使用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました