「ご繁栄をお祈りいたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご繁栄をお祈りいたします」とは? ビジネス用語

ここでは「ご繁栄をお祈りいたします」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご繁栄をお祈りいたします」とは?

「ご繁栄をお祈りいたします」は、主にビジネスシーンにおいて、文末の挨拶に用いられます。

これだけで使うことはなく、この前に「貴社の」とつけることがほとんどで、相手の会社が繁栄することを祈願して使われるものです。

更にその前に季節ならではの挨拶表現をつけて使うこともできますが、この時には少しコツのようなものがあり、今の季節と「繁栄」がタイミングよくかかる時にうまく使える表現です。

例えば、秋と言えば実りというキーワードが連想できることから、「実りの秋を迎え、貴社の更なるご繁栄をお祈りいたします」といったような使い方がそれにあたり、文章で用いられる表現のため、口語で使われることはありません。

「ご繁栄をお祈りいたします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご繁栄をお祈りいたします」は、「繁栄」としていることから、その会社全体のこととして用いる表現になります。

よって、個人的に使うものではなく、ビジネスシーン向けになります。

先のように文末の締めとなる挨拶表現で、定型的に使われるため、意味自体はそこまで考える必要はなく、うまく文章を締めるために用いられています。

相手が会社組織ではない場合には、この前につける「貴社の」といった言葉を「皆さまの」などとするとよく、その団体全体の繁栄を祈願する使い方になります。

この手の似たような表現のうち、商売が繁盛するという意味のあるものだと原則的に使うことができるのは営利組織のみになりますが、こちらであれば相手がNPOやNGOといったような非営利団体だとしても問題なく使うことができます。

「ご繁栄をお祈りいたします」を使った例文

・『皆さまの更なるご発展とご繁栄をお祈りいたします』
・『末筆ではございますが、貴社の更なるご繁栄をお祈りいたします』

「ご繁栄をお祈りいたします」の類語や言い替え

・『ご活躍をお祈りいたします』
相手の会社全体ではなく、その相手自身に対して使う表現になります。

「これからのご活躍をお祈りいたします」のような用い方になり、こちらも相手の団体の目的を問わず使える表現になります。

『ご清栄をお祈りいたします』

この表現は、健康で豊かな生活を送れることを祈っておりますという解釈になりますが、ビジネスシーンでは「繁栄」も含めた意味で使われています。

そのため、言い替え表現として使われることも多いです。

まとめ

「ご繁栄をお祈りいたします」は、相手の会社や団体に対して使われる挨拶表現で、これから繁栄することを祈っていると伝えています。

定型表現になるため、意味はあまり気にすることなく、文章の結びとしてうまく使ってください。

タイトルとURLをコピーしました