「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」とは? ビジネス用語

ビジネス文書の挨拶文で「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」という表現を見ることがあります。

使い方を詳しく見てみましょう。

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」とは?

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」は、挨拶文の冒頭でよく見られます。

秋晴れ、とあるので文字通り秋、特に10月に使います。

「さわやかな」は5月の挨拶にも使いたくなりますが、実は秋の季語なので10月に使うのは正しいということになります。

「秋晴れ」は空気が澄んで、雲が少なく晴れ渡っている様子を表しています。

以上のことから「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」は、このところ10月らしい秋晴れが続いていますが、いかがお過ごしでしょうかという意味となります。

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」はどのように使うのが正しいのでしょうか。

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」は、挨拶文の冒頭に使われる「時候の挨拶」の一つです。

「時候の挨拶」は手紙、文書において頭語(拝啓など)に続く書き出しの言葉です。

ビジネス文書は、基本的にA.頭語(拝啓、謹啓など)、B.時候の挨拶、C.相手の繁栄を喜ぶ言葉または感謝の言葉、D.本文、E.結びの言葉、という構成となっています。

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」はB.の時候の挨拶で使われる文の一つです。

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」を使用した例文

『さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます』
『さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃、お健やかにお過ごしのことと存じます』
時候の挨拶として「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」を使う場合、続く文章として相性が良いのは「相手の繁栄を喜ぶ言葉」です。

その他個人宛の場合、相手が健康を気遣い、元気で過ごしていることを喜ぶ言葉を続けることもあります。

文書、メールどちらの場合も使用可能です。

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」の類語や言い替え

では、「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」を別の言葉で言い換えるならばどのようなものがあるのでしょうか。

「さわやかな」と同様の意味で「すがすがしい」「うららかな」もよく使われます。

他には秋晴れと同じく秋の過ごしやすさを表すものとして「さわやかな秋風が心地よい季節となりましたが」などもあります。

まとめ

「さわやかな秋晴れの日々が続くこの頃」は、10月に使用する時候の挨拶の一つです。

「相手の繁栄を喜ぶ言葉」「相手の健康を気遣い、相手が元気なことを喜ぶ言葉」をそのあとに続けて、挨拶文の書き出しに使います。

季節によっていろいろなパターンがあるので、その季節に合った挨拶文を使えるようにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました