「しばらくは暑い日が続くようですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「しばらくは暑い日が続くようですが」とは? ビジネス用語

ここでは「しばらくは暑い日が続くようですが」の意味や使い方について、詳しく見ていきます。

「しばらくは暑い日が続くようですが」とは?

この「しばらくは暑い日が続くようですが」は、暑中見舞いの文章中に使う定型文のようなものです。

締めとして使われることが多く、最後のまとめとしてこの表現の後に、「体調を崩されませんよう~」などと続けます。

そこまでを含めて締めとなり、ビジネスでもよく用いられています。

いわゆる社交辞令といったところになるため、親しい仲や友人間で無理に使うことはなく、目上の人や取引先のお客様などに7月中旬から8月下旬くらいの間に使うことが多い文章で、このように締めて悪いことはないため、夏真っ盛りと言えるシーズンに多用されます。

「しばらくは暑い日が続くようですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「しばらくは暑い日が続くようですが」はビジネスメールの締めとしてもよく使われています。

社交辞令感が強く、日常的に顔を合わせている仲で使うようなものでもないため、ビジネスの場でこそ活躍する表現だと言っていいかも知れません。

ただし、口頭で使うことはまずなく、手紙やメールの締め専用と言える文章になります。

注意したいのは、明らかに夏と言える季節になる前に使うのは避けて、9月以降にまだ残暑が続く場合にも用いない方がいいでしょう。

今が一番暑い時といったシーズンに適している表現だと覚えておくと、時期を間違えて使うようなことはないでしょう。

「しばらくは暑い日が続くようですが」を使った例文

・『しばらくは暑い日が続くようですが、夏風邪などひかぬよう体調には十分ご注意ください』
・『しばらくは暑い日が続くようですが、 夏バテにお気をつけてどうぞご自愛ください』

「しばらくは暑い日が続くようですが」の類似文章

「暑さ厳しき折柄」
「しばらくは暑い日が続くようですが」の後に続く文章とマッチしているため、そのまま置き換えが可能です。

少し表現的に堅くなってしまいますが、こちらの方がビジネス文章には向いています。

「連日の炎暑ですが」

堅さもなく、「しばらくは暑い日が続くようですが」と同様に使える表現です。

ビジネスにはそれほど適していないながら、実際に会ったことがある、何度かメールのやりとりを繰り返しているといった間柄であれば、この表現でも問題になることはありません。

まとめ

「しばらくは暑い日が続くようですが」は、夏真っ盛りのシーズンにおける文章の締めに使われます。

ビジネスでも使うことができ、逆に、親しい仲では無理に用いる必要はありません。

社交辞令という意味合いが強いため、定型文だと考えておいて構いません。

タイトルとURLをコピーしました