「また何かありましたらご連絡させていただきます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「また何かありましたらご連絡させていただきます」とは? ビジネス用語

「また何かありましたらご連絡させていただきます」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「また何かありましたらご連絡させていただきます」とは?

この言いまわしは「一度修理や問い合わせをして解決したお客様が、再びわからない点や明らかでないところがあれば連絡させてもらいます」という意の言い方のフレーズです。

相手に対して許可を得て遠慮しつつまた連絡しますよと言った配慮の言葉でもあります。

「また何かありましたらご連絡させていただきます」のビジネスメールや会話での使われ方や使うときの注意点

この言いまわしは一度、商品やサービスに関わるさまざまな疑問や不具合に対して問い合わせをし、再び不明な点などが出た場合に対応をお願いしたい旨の許可を得て連絡したい気持ちを表わしています。

また、「たら」の後ろには大抵の場合、尋ねさせてくださいという意味の言葉が続きます。

このフレーズの場合、「ご連絡させていただきます」という語句が続いています。

「また何かありましたらご連絡させていただきます」の正しい敬語表現

「また何か」は敬語ではありませんが、この後の「ございましたら」は動詞「ある」の丁寧語「ござる」の連用形に丁寧語「ます」の連用形と仮定形の助詞「たら」がついた語句になっています。

「ご連絡させていただきます」「させて」は使役の助動詞、「いただきます」「もらう」の謙譲語はさらにフレーズは謙譲と丁寧の意を表わす敬語表現となります。

ただし、「連絡」に接頭語「ご」がついた謙譲の意の言い方となっており、「ご連絡」「いただく」の謙譲語が2回使われる二重敬語となっているため、このフレーズは誤用になります。

「また何かありましたらご連絡させていただきます」を使った例文

この言いまわしは二重敬語のため誤用です。

正しい敬語を使用した例文を以下に紹介します。

・『また何かございましたらご連絡します』
・『また何かございましたら連絡いたします』
・『また何かございましたら連絡申し上げます』
・『また何かございましたら連絡差し上げます』

「また何かありましたらご連絡させていただきます」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い換え例を以下に紹介します。

・『~お知らせします』
・『~ご報告します』
・『~ご一報します』
上述のように、「ご連絡」は書き言葉として使用する「お知らせ」、目上の人に対して使用する「ご報告」、電話やメールで使う「ご一報」に言い替えられます。

まとめ

この言いまわしは上述のとおり、「ご連絡させていただきます」は二重敬語となり、不適切な表現といえます。

よって正しい敬語表現を用いて「連絡」するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました