「まもなく開会となります」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「まもなく開会となります」とは? ビジネス用語

「まもなく開会となります」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「まもなく開会となります」とは?

「まもなく開会となります」は、間をおかずに開会となるような状況で使用される言葉です。

「まもなく」「間も無く」と表記できます。

「間」とは、「時間的な間隔」のことを示す言葉です。

つまり、「それほど時間的な間隔が無いこと」「間も無く」という表現で言い表せるのです。

また、「開会」とは、「何かの会を開くこと」です。

これを「開会となります」とすれば、「開会になる」こと、つまり「会が始まる」ことを表現できるのです。

なお、ここでは語尾に丁寧語の「ます」を使っています。

「まもなく開会となります」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「まもなく開会となります」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あるイベントを開催したとします。

そして、参加者にもうすぐイベントが開催されることを告げようと考えたのでした。

このような場合には、「それでは皆様、まもなく開会となります」と述べるとよいでしょう。

これにより、もうすぐ会が始まることを、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「開会となります」の使い方に注意しましょう。

これは「開会されます」「開会します」などで置き換えてもよいでしょう。

どれも同じような意味ですが、それぞれ異なる表現になるのです。

実際の状況に合わせて、適切な言葉を選択して使用するとよいでしょう。

「まもなく開会となります」を使った例文

「まもなく開会となります」を使った例文を挙げます。

例文のように、少し言葉を付け加えるだけでも、それぞれ印象の違う表現を作り出せるのです。

・『この後まもなく開会となります』
・『それでは皆様、まもなく開会となります』
・『お集まりの皆様、まもなく開会となります』

「まもなく開会となります」の類語と敬語での言いかえ

「まもなく開会となります」の類語と敬語を解説していきます。

「まもなく開会となります」の類似表現

「まもなく開会となります」の類似表現には、「もうすぐ開会となります」があります。

「まもなく」「もうすぐ」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「まもなく開会となります」の敬語表現

「まもなく開会となります」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「まもなく開会とあいなります」に言いかえできます。

まとめ

このように「まもなく開会となります」は、間をおかずに開会となるような状況で使用される言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました