「一層のご躍進のほど」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「一層のご躍進のほど」とは? ビジネス用語

ここでは「一層のご躍進のほど」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「一層のご躍進のほど」とは?

「一層のご躍進のほど」は、主にビジネスにおいて文末に使われる表現です。

このように使った相手のこれからの更なる活躍を期待しているといった意味になり、文章の締めとして使うことができる一種の定型表現です。

よって、それほど深く考えずに用いていることがほとんどで、きちんとした意味こそある言葉ながら、あまりそれを気にすることもありません。

そして、この後に「お祈りします」などといった言葉が続き、結びの一文として完成します。

そこまでを含めて定型文と言えるため、そういうものだと考えておきましょう。

この手のビジネス向けの文章の締めに使える表現は他にもいくつかありますが、その中でもよく見掛ける部類に入ります。

「一層のご躍進のほど」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「一層のご躍進のほど」は、ビジネス文章での礼儀として用いられます。

口頭で使うことはまずなく、最後にこのように付けておけば失礼になることはありません。

問題は対象になる相手で、差し出した人そのものではなく、その人を通して所属の団体や組織に対して使っていることが多いです。

例えば、「貴社、一層のご躍進のほど~」のような使い方になり、それほど多くはありませんが、個人をその対象にして使うこともあります。

ビジネスでは相手の会社に対する礼儀として使っている場面が多く見られ、特に反応や返事を求めている訳ではないので、このように文末に使われた際にこれに対して何かの返答をすることはありません。

「一層のご躍進のほど」の正しい敬語表現

この「一層のご躍進のほど」の形でも使えないことはありませんが、どちらかと言えば「一層のご躍進を」として用いるものです。

「~のほど」としてしまうと、見方によっては少し上から使っているように見えてしまう場合があるので、「一層のご躍進を」として使う方が無難です。

その方が一般的でよく見る使い方でもあるため、そちらで覚えてしまう方がいいでしょう。

「一層のご躍進のほど」を使った例文

・『これを機に一層のご躍進のほど、 心からお祈り申し上げます』
・『貴社におかれましては、一層のご躍進のほどご祈念申し上げます』

まとめ

「一層のご躍進のほど」は、「一層のご躍進を」と使った方が一般的な表現になります。

ビジネス文章の文末の一文に使われることが多く、これを使った文章で締めれば失礼に当たることはありません。

特に意味を考えずに使うことができ、使われた際にも返答の必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました