「一日も早く良くなりますように」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「一日も早く良くなりますように」とは? ビジネス用語

ここでは「一日も早く良くなりますように」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく説明していきます。

「一日も早く良くなりますように」とは?

「一日も早く良くなりますように」は、このように使う相手が怪我をしてしまった、または体調を崩しているような場合に使うお見舞いの表現になります。

基本的に文章で使われるもので、後者では病気になってしまった時も含みますが、その場合はそこまで重篤ではないことが条件になります。

それは、相手がこの表現を含む文章を実際に読んだり、人づてに聞くことができることが前提のためで、「一日も早く良くなりますようにお祈りしております」のような使い方がほとんどですが、この表現で文章を締めることもできます。

ただし、その時にはカジュアルな使い方になるため、友人間などでないとそういった用い方はするべきではなく、この前には相手が今そのような具合なのをどのように知ったのか、更にそれを驚いているといったような文言を添えて使うものです。

ビジネスシーンでは自社の人間から他社で付き合いのある人間まで、誰に対して使っても失礼になることはありません。

「一日も早く良くなりますように」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「一日も早く良くなりますように」は、お見舞い限定の表現になるため、使えるタイミングはその相手に不幸が遭った時だということになります。

よって、できれば使う機会がない方がいいものの、いざという時のために覚えておくといいでしょう。

怪我をしたり具合を悪くしてしまった本人に直接メールで伝えたり、それを教えてくれた人などに使う場合もあり、後者でも使い方はほとんど一緒ですが、「どうぞよろしくお伝えください」などと本人にこのお見舞いがあったことを伝えて欲しいとつけ加えます。

注意点として、「一日も早く」としていることから、早く治るに越したことはない場合にのみに使ってください。

あまりないケースですが、日々の仕事に疲れて少し休養をとっているといったような場合には、復帰を急かすことになってしまうので用いるべきではありません。

「一日も早く良くなりますように」を使った例文

・『一日も早く良くなりますように、心よりお祈りしております』
・『入院されたと聞いて、とても驚きました。どうぞ一日も早く良くなりますように』

「一日も早く良くなりますように」の類語や言い替え

・『一日も早く回復を』
この後に「祈っています」のように続けて使う表現で、こちらを使っても意味が変わることはありません。

どちらかと言うと怪我の場合に向いている表現となっていますが、病気の時にも使えないことはなく、言い替えとして使うことができます。

まとめ

「一日も早く良くなりますように」は、怪我や病気になってしまった相手に対して使うお見舞いの表現です。

直接本人に対してだけでなく、それを聞いた相手などにも使うことができますが、その時には本人に伝えて欲しいと添えて使ってください。

タイトルとURLをコピーしました