「上司に確認してから連絡します」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「上司に確認してから連絡します」とは? ビジネス用語

「上司に確認してから連絡します」とは?

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「上司に確認してから連絡します」とは?

「上司に確認してから連絡します」という言葉は、電話口や窓口等で顧客等から質問をされた際に、自分だけの判断では即答することが出来ない時に使う言葉です。

自分だけでは決めることが出来ない例外的な事柄の場合に、上司と相談して判断を決めてから回答する必要があるケースでも使用します。

基本的には顧客等に対して使うことが多いので、敬語で表現して使用することが多いです。

商談等の場合には、担当者の回答ではなく、「上司に確認してから連絡します」といった対応をしてもらったほうが、会話の相手も安心できると考えられます。

「上司に確認してから連絡します」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「上司に確認してから連絡します」という言葉を会話やビジネスメールで使用する場合、相手に対して、回答をその場ですることが出来ないので、お詫びの言葉などを添えるとよいでしょう。

お詫びの言葉としては「誠に申し訳ありませんが」「お待たせしてしまうことになり、申し訳ありませんが」等を頭に付けるとよいでしょう。

「上司に確認してから連絡します」でも敬語としての表現となっていますが、「上司に確認を取ってから改めてご連絡をさせていただきます」という言い方をしたほうが更に丁寧な印象となります。

使用する際には、相手の立場や待たせてしまうことになった状況に応じて、丁寧さ加減に気を付けることが重要です。

クレーム対応時に「上司に確認してから連絡します」という言葉をそのまま使用すると、相手を怒らせてしまう可能性があるので、更に丁寧な印象となる言い替えが重要です。

「上司に確認してから連絡します」を使った例文

・『この件に関しましては自分の独断では回答が難しいので、上司に確認してから連絡します』

「上司に確認してから連絡します」の類語や言い替え

「上司に確認してから連絡します」の言い替えとしては、「上司に了解を得てから連絡させていただきます」となります。

「上司に確認してから連絡します」と似たような意味合いであり、自分自身で即答することが出来ない時に使われるので、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

まとめ

会社員など、組織の中で仕事をしている人の場合、個人の判断だけでは回答することが出来ない問合せ等を受けることも少なくないでしょう。

「上司に確認してから連絡します」という言葉を会話やビジネスメールで使用する機会も少なくないので、相手や場面に応じた正しい用法を身に付けておくことは重要となります。

タイトルとURLをコピーしました