「不安定な天気が続きますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「不安定な天気が続きますが」とは? ビジネス用語

ここでは「不安定な天気が続きますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「不安定な天気が続きますが」とは?

「不安定な天気が続きますが」は、最近の天気が晴れたり雨が降ったりと安定していないという時期に使える挨拶表現になります。

そんな中ですが、調子はいかがでしょうかといったような文章にして使うもので、相手の身体を気遣う表現がこの後に続くのが通例です。

天気の様子だけの表現なので、四季を問わずそのような時期があれば使うことができますが、突然の雨が多い梅雨の時期や、まだ暑い日があったり急に雨が降ることがある夏から秋にかけての時節に使われることが多いです。

ビジネスメールでの最初の挨拶文に用いられたり、プライベートでも使われることのある汎用性のある表現となっており、この後に続ける表現を少し変えることで文章の締めとして使うこともできます。

「不安定な天気が続きますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「不安定な天気が続きますが」は、先のように冒頭の挨拶文、及び文章の締めとしても使える表現になります。

後者として用いるケースはあまり多くありませんが、そんな中なので身体には気をつけてくださいといったような文章にすると違和感なく最後の締めとなり、ビジネスシーンでもそちらで使われることがあります。

文章で用いられる表現となっており、前述のように、梅雨の時期や夏から秋にかけてが一番見掛けるタイミングですが、基本的には季節を問わずに使える点から、冒頭のいいクッション文章が浮かばない場合に天気が安定しない時期であれば、これを用いるといいでしょう。

下の例文は、上が冒頭で使う場合で、下は文末の締めにする時のものです。

「不安定な天気が続きますが」を使った例文

・『不安定な天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか』
・『不安定な天気が続きますが、くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします』

「不安定な天気が続きますが」の類語や言い替え

・『すっきりとしない天気が続きますが』
こちらも「不安定な天気が続きますが」と同様に、最近の天気が安定せず、晴れたり雨が降ったりの毎日だという意味で使われる挨拶表現です。

特に変わることなく使うことができるので、そのような時期にはこちらを使ってもいいでしょう。

まとめ

「不安定な天気が続きますが」は、文章の冒頭、または文末で用いられる挨拶文のための表現になります。

そのような天気が続くことの多い梅雨の時期や夏から秋にかけて使われることが多いですが、特に四季を限定している表現ではないため、そのような時期にビジネスシーンで使いやすい挨拶表現の1つです。

タイトルとURLをコピーしました