「予定はありますか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「予定はありますか」とは? ビジネス用語

ここでは「予定はありますか」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「予定はありますか」とは?

「予定はありますか」は、主に2つの用い方をされる表現です。

その1つ目は、これから先の日程に対し、何か用事があるかどうか、都合を訊ねるための使い方です。

その意味では、「来週の日曜日には何か予定がありますか」といったように使われており、その日に用事があるかどうかを聞いています。

もう1つは、そうなることはあるかと訊ねる使い方で、「この商品は再販の予定はありますか」などという用い方になります。

こちらでは、その商品が再販されることがあるかと聞いていることになり、どちらとして使う時にも、文章を問わず用いられています。

ビジネスシーンでは相手の都合を訊ねる使い方が多く見られますが、このままでは少しカジュアルな感が出てしまっているため、語尾を丁寧にした「予定はございますか」として使う方がいいでしょう。

「予定はありますか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「予定はありますか」は、相手の都合やそうなることはあるかと聞くための表現です。

どちらとして使う場合も、これから先の未来になることについて訊ねているため、相手から返ってきた返事のままになるとは限りません。

例えば、○日に予定はあるかと訊ねて、その日なら空いているといった返答があったとしても、直前になってその日は駄目になってしまったという連絡があるかも知れません。

そうなるだろうといった内容の返答をもらった場合も同様で、その相手の意思以外の要素が原因の場合も含めて、それが変わることがあるかも知れません。

“予定は未定”といった言葉もあることからも、そういう「予定」だという返答は、それで決まったものだとは考えない方がいいでしょう。

「予定はありますか」を使った例文

・『明日の午後から何か予定はありますか』
・『このシリーズで現在出ているもの以外の色が発売される予定はありますか』

「予定はありますか」の類語や言い替え

・『見通しはどうですか』
この「見通し」は、そうなる予定だという解釈になる言葉です。

よって、「今後の見通しはどうですか」と使った時には、「今後の予定はどうなっていますか」という意味になり、少し使い方は異なりますが、「発売の見通しはどうですか」とすると、「発売の予定はありますか」とよく似た意味になります。

上の例文の下の方は、このようにこちらの表現を使っても同じ意味合いにすることができます。

まとめ

「予定はありますか」は、これから先の相手の都合を訊ねたり、何かについてそれがどうなるのかと聞くために用いる表現です。

様々な要因から、必ずしもその返答通りになるとは限らないので、それには留意して使ってください。

タイトルとURLをコピーしました