「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」とは? ビジネス用語

ここでは「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」の使い方やその際の注意点、言い替え業現などを詳しく見ていきます。

「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」とは?

「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」は、もう少し待って欲しいというお願いの表現になります。

どれくらい待って欲しいかといったことは伝えていませんが、それほど長い間ではなく、具体的な時間は使われ方によってまちまちで、その点から使いやすい表現となっています。

誰かが来るのを少しだけ待って欲しいといった使い方をした時には、実際の時間にして数分程度のこととして使いますが、それまでに数ヶ月掛かっているような何かの完成が少し遅れているといった時には、「完成まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」と使えば数日、もしくは数週間程度までの長さとして用いることができます。

「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」は、実際のその時間はともかく、相手に対して待って欲しいと伝えている表現です。

あくまで「お願い」ながら、このように使われた側は待つしかなく、実質的に待つようにと言われたのと同じことになります。

そのまま待ってくれと直接的な表現を使って伝えるのは色々な面から難しいことも多いですが、この「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」であれば、ほとんどの場合で失礼になることはなく、そう使われた相手もそれなら仕方がないと思うしかないため、ビジネスでもよく見聞きする表現です。

文章で表記する場合、「今暫く〜」「しばらく」の部分を漢字にすることができますが、難しい漢字なのであまり一般的ではなく、無理にそのようにする必要はありません。

「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」を使った例文

・『上映開始まで、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます』
・『完成が少々遅れておりまして、お披露目まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます』

「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」の類語や言い替え

・『しばしの間お待ちくださいますようお願い申し上げます』
こちらも同様に、もう少しだけ待って欲しいという解釈で使われる表現です。

「しばし」は漢字では「暫し」となり、「暫く」(しばらく)と同義語になります。

まとめ

「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」は、もう少しだけ待って欲しいと思って使う表現になります。

具体的な時間を示さずに使うことができ、このように使われた相手は多くの場合で納得するしかないという点から、色々なシーンで便利に用いることができる表現です。

タイトルとURLをコピーしました