「今回の面接の結果につきましては」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今回の面接の結果につきましては」とは? ビジネス用語

ここでは「今回の面接の結果につきましては」の使い方や言い変え表現について、見ていきたいと思います。

「今回の面接の結果につきましては」とは?意味

「今回の面接の結果につきましては」は、企業の採用面接など、何かの面接を受けにきた人に対して使います。

当然のことながら、そうではない人に対して使ってしまっては、何のことだかと思われてしまいます。

よって、使うシチュエーションがかなり限定され、その面接を行った人、または面接結果をその相手に知らせる役目の人でもないと使うことはないでしょう。

逆に、こう使われた方は自分が受けた面接の結果に関することなので、しっかりとその内容を確認する必要があります。

ただし、面接の結果自体に使われる表現ではなく、意味として、それをいつまでに伝えるといった内容の前書きとなるともので、この後に「○日までに」のようにそれが続くのが通常です。

「今回の面接の結果につきましては」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今回の面接の結果につきましては」は、その後にいつまでにそれを伝えると続けて使うものです。

例えば、「今回の面接の結果につきましては、○日までにご連絡いたします」といった具合で、結果自体を伝える時にはまた別の言い回しを使うことになります。

口頭でこの表現を使う場合は面接の直後に本人宛になり、メールの場合も本人へ結果の伝達の前に送ることになります。

事前にこのように伝えることなく、直接結果を通達する場合も多いので、何かの面接を受けた時にその結果が伝達される前に必ずこのように連絡が来るとは限りません。

「今回の面接の結果につきましては」を使った例文

・『今回の面接の結果につきましては、今月末までにご連絡差し上げます』
・『今回の面接の結果につきましては、選考結果が出次第、ご報告をいたします』

「今回の面接の結果につきましては」の返答や返信

この「今回の面接の結果につきましては~」といったいつまでにそれを伝えるという意味になる連絡に対し、特に返答は必要ありません。

むしろ、無理にそのようなことはしてしまうと、結果を急かしていると思われてしまい、選考結果に影響が出てしまいかねません。

よって、この後にある期日まで待っているだけでいいでしょう。

急かす訳ではない「結果をお待ちしています」などといった返答も特に必要ありません。

まとめ

「今回の面接の結果につきましては」は、その後にある期日までにそれを連絡するという前書きになります。

このように伝えられた側は、特に返答する必要はなく、これに続くいつまでという期日まで結果が来るのを待っていましょう。

タイトルとURLをコピーしました