「今回は辞退します」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今回は辞退します」とは? ビジネス用語

ここでは「今回は辞退します」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今回は辞退します」とは?

「今回は辞退します」は、今回はやめておきますと言っていることになる表現です。

断りたい相手からの誘いに対して使うもので、「今回は」としていることから、その相手自体を拒絶しているような意味はなく、今回は都合が悪い、気が乗らないなどの理由でやめておくという場合に用いられます。

そのやめておくとする内容は、何かを買って欲しいと言われたような場合から、どこかに行こうと誘われたような時まで色々なケースに対して使うことができますが、カジュアルな形のためビジネスにはあまり向いていません。

その場合には少し語尾を変えて、「今回は辞退させていただきます」のようにすると使いやすくなり、相手に対して失礼な印象を与えてしまうこともなくなります。

「今回は辞退します」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今回は辞退します」は、ビジネスシーンでは先のように、「今回は辞退させていただきます」などとして使うことが多いです。

そこまでにはせず「今回は辞退いたします」でも構わず、「今回は辞退します」ではあまりにぶっきらぼうな表現のため、ビジネスシーン以外でも多くの場合でそれらの形で用いられています。

この「辞退」は相手からの誘いに対して自ら引くことを表しているため、特に誘いを受けていない場合には使わないものです。

よって、個別の理由はともかく、その誘いには乗りたくないと思った場合に相手に対して使うことになり、口頭、文章のどちらでも用いられますが、どちらかと言えば口頭の方が合っている表現ですが、「今回は辞退させていただきます」と丁寧にした形はビジネス文章でもよく見掛けます。

「今回は辞退します」を使った例文

・『折角のお誘いですが、その日は所用がありますので今回は辞退します』
・『まだ在庫には困っていませんので今回は辞退します』

「今回は辞退します」の類語や言い替え

・『今回は遠慮します』
この「遠慮」「辞退」のように、相手からの誘いに対してそれを断るための表現になります。

どちらも同じいみで使うことができますが、何かの会に誘われたような場合には「辞退」の方が向いており、購入を勧められたといった時にはこの「遠慮」の方が適しています。

この2つはそのような誘いの種類によってうまく使い分けられます。

ビジネスシーンでは共に「~させていただきます」などと語尾を丁寧にして使うといいでしょう。

まとめ

「今回は辞退します」は、相手からの誘いを断るための表現になります。

この形のままではカジュアルなため、ビジネスで使う場合には語尾を変えてなるべく失礼にならないようにして用いるのが通常です。

タイトルとURLをコピーしました