「今回は遠慮します」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今回は遠慮します」とは? ビジネス用語

ここでは「今回は遠慮します」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今回は遠慮します」とは?

「今回は遠慮します」は、その相手からの何かしらの誘いを断るために使われる表現です。

「今回は」としていることで、その誘いだけ都合が合わないといった意味になり、相手自体を拒否している訳ではないため、基本的に失礼になることはありません。

口語、文章のどちらでも使えますが、カジュアルな形なので、これまでに何度かやりとりがある相手にのみ使うことができます。

初めての相手や目上の人対して使うには向いておらず、その場合には語尾を丁寧な形にして「今回は遠慮させていただきます」などとするといいでしょう。

更に前に「申し訳ありませんが」といったような文言もつけるとより丁寧になり、誰に対してでも使うことができるようになります。

「今回は遠慮します」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「今回は遠慮します」は、その誘いには乗らないと断るために使います。

その気がないと伝えているため、このように使われた側はそれならば仕方ないと諦めるものです。

丁寧にするために「ご遠慮」「ご」をつける使い方を見掛けることがありますが、そちらは間違いになるので注意してください。

と言うのは、この「遠慮」は、相手に対してそれをお願いするといった使い方になる場合には「ご」をつけるのが一般的で、「それはご遠慮ください」などとするものですが、この表現では自分が遠慮する立場なので、それに対して「ご」とつけてしまってはおかしい使い方になってしまいます。

そのため、「今回は遠慮します」のままで何も問題はありません。

「今回は遠慮します」を使った例文

・『折角のお誘いではありますが、今回は遠慮します』
・『わざわざお誘いいただきましたが、今回は遠慮します』

「今回は遠慮します」の類語や言い替え

・『今回は辞退します』
「辞退」とすると、ちょっとした誘いではなく、大きな催しや個別に指名されたような場合に使うことができます。

そのような場合にも「遠慮」と使っても構いませんが、あまり向いていない使い方になるため、こちらに言い替えた方が礼儀として相応しい表現になります。

・『今回はやめておきます』
更にカジュアルにした形なので、ビジネスには向いておらず、軽く話せる間柄で使われる表現になります。

まとめ

「今回は遠慮します」は、今回だけは遠慮させて欲しいと思って使う表現になります。

どうしても都合がつかないようなケースから、気が進まないといった場合までその理由を問わず使うことができ、相手からこのように使われた時にはは無理強いはしないのがそちら側としての礼儀です。

タイトルとURLをコピーしました