「今後は十分に留意して参ります」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今後は十分に留意して参ります」とは? ビジネス用語

ここでは「今後は十分に留意して参ります」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今後は十分に留意して参ります」とは?

「今後は十分に留意して参ります」は、次からは十分に気をつけて行いますといった解釈になる表現です。

何かの間違いがあった場合に、これからはそれだけ気をつけると相手に伝えており、その間違いに対しての謝罪の意味も込められていると考えていいでしょう。

「留意」は心に留め置くという意味になる言葉ですが、ここでは同じような失敗をしないことを心に留めるといった意味で用いられており、次から同じような失敗をしないと表現しています。

よって、この前にはその失敗してしまったことへの直接的な謝罪の表現がつくことがほとんどで、それと共に同じようなことはしないという文章にして用います。

「今後は十分に留意して参ります」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今後は十分に留意して参ります」は、何かしらの失敗ありきの表劇になります。

よって、できれば使うことが無ければそれに越したことはなく、ビジネスシーンで文章にて用いられることがほとんどです。

先の失敗に対し、同様のことは次からはしないと伝えている表現のため、これを使ったからには同じような間違いは本当にしないように気をつけないといけません。

そこまで大きな失敗や間違いではなく、ちょっとしたミスがあったような時にも使うことができ、その時には少し大袈裟になってしまうものの、相手に対してこれからもそれだけ気を引き締めて対応すると伝えられます。

その場合は該当のミスを修正の上、そのお詫びと共に「今後も十分に留意して参ります」「は」「も」に変えて使うとちょうどいい形になります。

「今後は十分に留意して参ります」を使った例文

・『この度は本当に申し訳ありませんでした。今後は十分に留意して参ります』
・『こちらの手違いにより、大変ご迷惑をお掛けしました。今後は十分に留意して参ります』

「今後は十分に留意して参ります」の類語や言い替え

・『今後は十分に注意して参ります』
「留意」「注意」にした表現です。

この方が意味が分かりやすいため、ビジネスシーンでもこちらを選ぶことも多く、ほとんど同じ意味で使うことができます。

遭えて「留意」のような難しい表現を使うのもビジネス文章における1つのテクニックと言えますが、無理に使うことはなく、こちらの「今後は十分に注意して参ります」でも十分に丁寧な表現で、誰に対して使っても失礼になることはありません。

まとめ

「今後は十分に留意して参ります」は、次からは十分な注意を払いますという意味になる表現です。

こちら側に何かの失敗があった後に主に文章で用いる表現になるため、この表現以外の文言にも注意して使うことを心掛けてください。

タイトルとURLをコピーしました