「何度かお電話を差し上げましたが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「何度かお電話を差し上げましたが」とは? ビジネス用語

ここでは「何度かお電話を差し上げましたが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「何度かお電話を差し上げましたが」とは?

「何度かお電話を差し上げましたが」は、その相手に何度か電話をしたものの、連絡をとることができなかった場合に使う表現です。

ケースとして、直接携帯電話に掛けて相手が出なかった、もしくは電話自体が繋がらなかった、または、会社宛に掛けて不在だったといったようなどんな場合でも使うことができ、それぞれの理由をつけて使われる場合も多いです。

例として、「何度かお電話を差し上げましたが、繋がりませんでしたので~」や、「何度かお電話を差し上げましたが、ご不在のようでしたので~」のような使い方がそれにあたり、これより前に何度か電話を掛けていることがこの表現を使える条件です。

この「何度か」は一度でなければ該当する表現ですが、実際にも二度以上掛けていれば使うことができると考えていいでしょう。

「何度かお電話を差し上げましたが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「何度かお電話を差し上げましたが」は、そのような状態なのでこのようにしました、といった文章にして使う表現です。

先のように、この後に「繋がりませんでしたので」のように続けて、「メールさせていただきました」などとこのようにした内容で締めるという形です。

要は、連絡がとれなかった電話以外のこの方法で連絡しました、という文章にして使うことになる表現で、それ以外の使い方はありません。

そして、その別の方法は文章だとメールになることがほとんどになりますが、直接相手の会社まで出向いたといった場合には口語で使うことができます。

ただし、その場合は電話が繋がらず、その他の方法での連絡もとらずに出向くというシチュエーションになるため、それほど多いケースとは言えず、そのような使い方もできるという程度に覚えておいてください。

「何度かお電話を差し上げましたが」を使った例文

・『何度かお電話を差し上げましたが、ご不在のようでしたので、このメールを送らせていただきます』
・『先日より何度かお電話を差し上げましたが、繋がりませんでしたので、こちらのメールで失礼させていただきます』

「何度かお電話を差し上げましたが」の類語や言い替え

・『何度かご連絡いたしましたが』
この表現では、電話以外の方法も含めた連絡を何度かした、と言っています。

方法を電話と限定していないことから、メールでの連絡もした場合も使う表現で、それでもその相手とコンタクトがとれなかった場合に用いるものです。

よって、この後には「お返事がいただけませんので~」といったように続けて使われます。

まとめ

「何度かお電話を差し上げましたが」は、何度か電話をしたものの、それが繋がらない、不在で取り次いでもらえなかったといった時に使われる表現になります。

そのため、メールをしました、直接出向いてきましたといったように続けて用いられますが、メールになることがほとんどだと考えてよく、そのメールを送る際の冒頭の文章で使う表現だと考えていいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました