「先ほどはお電話にてありがとうございました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「先ほどはお電話にてありがとうございました」とは? ビジネス用語

ここでは「先ほどはお電話にてありがとうございました」という表現について、使い方やその際の注意点などを見ていきます。

「先ほどはお電話にてありがとうございました」とは?

「先ほどはお電話にてありがとうございました」は、この表現を使う前にあった相手との電話に対するお礼になる表現です。

よって、基本的に電話以外で使うことになり、先の電話にてお礼を言うべきことがあった場合に使われます。

ですが、ビジネスではそれほどのことでなくともこのように使うことが多く、例えば、電話で何かしらの応対があった後のその相手に対する最初の一言として使うといった具合です。

「お電話を~」ではないため、電話があった時に席を外していて、その折り返しになる電話の最初で使うことはできません。

電話があったというだけでなく、その電話が何かしらの事柄に結びついた時に用いることができると考えていいでしょう。

「先ほどはお電話にてありがとうございました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「先ほどはお電話にてありがとうございました」は、相手と電話で応対した後、電話以外のメールなどでその最初のお礼の挨拶に使われるものですが、それ以外のシチュエーションでも使えることがあります。

それは、自分が出なかった電話で発注があり、それに対する後からのお礼といったような場合で、この時には電話を含む口頭でも伝えることができます。

この使い方はそれほど多くないものの、ピッタリの表現になるので覚えておくといいでしょう。

お礼の対象になる出来事が「お電話にて」と限定されているため、あまり広い使い方ができない表現なので、無理に使い方を探すようなことをする必要はありません。

また、その日のうちでないと「先ほど」とはならないので、後日に使わないように注意してください。

「先ほどはお電話にてありがとうございました」を使った例文

・『先ほどはお電話にてありがとうございました。確かにそのように承りました』
・『先ほどはお電話にてありがとうございました。この件について、1つ追加したいことがあります』

「先ほどはお電話にてありがとうございました」の類語や言い替え

「先ほどはお電話にて失礼致しました」
「失礼しました」となっていることから、お礼ではなく、本当に失礼があった時や、お礼をするのはおかしいという場合に用いられます。

例として、電話で相手に何かを伝えたような場合に後からその件についての挨拶として使うことがあり、ビジネスでは「先ほどはお電話にてありがとうございました」と場面によってうまく使い分けるものです。

まとめ

「先ほどはお電話にてありがとうございました」は、そこまでお礼をするほどのことではなくとも、電話で行った応対に対する後からの挨拶に適した表現です。

電話以外で使われることが多く、その日のうちでないといけないという点も覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました