「先約があるため参加できません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「先約があるため参加できません」とは? ビジネス用語

「先約があるため参加できません」という文を使ったことがありますか?ここでは意味や正しい使い方などを解説していきます。

「先約があるため参加できません」とは?

「先約」は、「以前から約束していたこと、先に約束したこと」「参加」は、何かの仲間に加わることを指します。

「先約があるため参加できません」は、何かに誘われたものの、その日時には先に約束していたことがあって、加わることができない、という意味になります。

気乗りしないが、断りづらいという場合に口実として使われることもあります。

「先約があるため参加できません」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「先約があるため参加できません」の正しい使い方について解説していきます。

「先約があるため参加できません」は、何かの誘いを受けた時に先に約束があって、都合がつかず、その誘いは断る場合に使用するフレーズです。

社会人になると、会社の先輩や上司、取引先の人から飲み会、食事などに誘われる機会がありますが、先に予定が入っていて、行けないといったこともあるでしょう。

誘ってくれた相手に不快な思いをさせない断り方をしなくてはなりませんが、そのような時に「先約があるため参加できません」は使えます。

ただし、この一文のみだとややぶっきらぼうな印象を持つ人もいるので、「クッション言葉」と呼ばれる、言いにくいことを柔らかく伝えるために使う言葉を付けて使うのが良いでしょう。

例えば、「せっかくのお誘いなのですが」「行きたい気持ちはあるのですが、あいにく」といった言葉を付け、断ると同時に謝罪の気持ちも示すことが大切です。

特に、目上の人や社外の人などから誘われた時は、印象を悪くしないように気をつけましょう。

もし、何度も断っていて相手に申し訳ない、と思う場合は代わりに都合の良い日を提案し、嫌で断っているわけではないということを示すのも良い方法です。

「先約があるため参加できません」を使用した例文

『せっかくのお誘いですが、先約があるため参加できません』
『その日ですと、あいにく先約があるため参加できません』
『この度はお誘いいただいたのですが、先約があるため参加できません』
『大変残念ですが、先約があるため参加できません。

申し訳ございません』

「先約があるため参加できません」の類語や言い替え

では、「先約があるため参加できません」の別表現にはどんなものがあるのでしょうか。

「先約」には同じ意味の「前約」(ぜんやく)という言葉がありますが、あまり一般的ではありません。

「先約」の代わりに、具体的な用事を言う断り方もあります。

「その日は出張が入っており」など、なぜ行けないか理由を伝えましょう。

まとめ

「先約があるため参加できません」は、何かの誘いを受けたものの、その日時に以前からの約束、予定が入っていて行けないときに使う断るためのフレーズです。

あいにく、せっかくですがなどのクッション言葉を付けて使用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました