「内容によりましては」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「内容によりましては」とは? ビジネス用語

ここでは「内容によりましては」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「内容によりましては」とは?

「内容によりましては」は、その内容如何で、と解釈できる表現です。

相手から提示された何かの内容に対して用いられ、それによっては無理かも知れない、こうなってしまうといったような文言を続けて使います。

例えば、「内容によりましては、掲載できない場合があります」のように使うという具合で、それ如何で判断すると相手に伝える場合によく用いられる表現です。

カジュアルな形にすると「内容によっては」となり、それをビジネスでも使えるように丁寧にしている表現です。

口語、文章のどちらでも使うことができ、BtoCでお客様に対して用いられることも多く、内容をチェックする必要があるからこそ、この表現を使っていると考えて構いません。

「内容によりましては」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「内容によりましては」は、それによってはこのようになるといった用いられ方がほとんどですが、ネガティブな使い方だけでなく、それによっては採用したいといったような形で使うこともできます。

よって、使われた側にとって悪い表現になってしまう場合が多く見られる表現ながら、そうではない使い方も決して少なくなく、ビジネス以外のシーンでも使われています。

このように使った方に主導権があると考えてよく、内容を判断する側となります。

使われた側にはそれによってどのようになるのかを考えて内容を決める必要が出てきますが、よく見る使い方の「内容によりましては、修正をお願いする場合があります」と使われたような際でも、それに引っかかるようなことがないと思えばそれほど気にする必要はありません。

「内容によりましては」を使った例文

・『内容によりましては、不採用とさせていただくことがございます』
・『内容によりましては、詳しいことをお尋ねするためにこちらからご連絡をさせていただきます』

「内容によりましては」の類語や言い替え

・『内容次第では』
「内容によりましては」は、短く言い替えるとこのような形になります。

これでも十分同じ意味で使うことができますが、ビジネスで使うには少々丁寧さに欠ける表現となってしまうため、そちらで使うのはやめておいた方がおく、気軽に話ができる相手に対してのみ使う表現だと考えておきましょう。

まとめ

「内容によりましては」は、その内容によっては、それ如何で、と解釈して使われる表現です。

内容で判断するという意味を丁寧にした文言だと考えてよく、ビジネスシーンでも問題なく使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました