「前職では」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「前職では」とは? ビジネス用語

ここでは「前職では」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「前職では」とは?

「前職では」は、その前に勤めていた会社、またはそれに類似する団体などの組織に所属していた時には、という意味で使われます。

自営業から会社員になったといったような場合にも使うことができ、その場合は自営業という職業がこの「前職」に該当し、「前職では自分で注文をとってくるのが当たり前でした」などと用いることができます。

会社員が別の会社に転職した時には前の会社でのことについて使うのが通例で、「前職でも同じように行っていました」と使った時には、前の会社でも同様の手順だったと伝えている使い方になります。

職種が変わった場、前の職種の時には、といった解釈になりますが、同じ会社で部署の異動があったために違う職種に就いたような時にはあまりこのようには用いられず、会社などの所属先が変わった、もしくは独立したといったような時に、その前の職場ではどうだったと使う表現になります。

「前職では」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「前職では」は、その前の所属先や職業のことが対象になる表現です。

よって、何度か転職を行っている場合には、直近のことがこれにあたると考えてください。

つまり、A社を退職してB社に就職し、次そこを退社して今の会社に入ったといった時には、B社でのことがこの「前職では」と使える対象になります。

こういった場合にA社のこととして使うには、この表現ではなく「以前に勤めていた会社では」などとするもので、この点に注意をして使ってください。

口語、文章のどちらでも使える表現で、前の会社や職場ではこうだった、そのような立場に就いていた、といったことを伝えたい場合に使われることが多く、この後に続ける文言によって、それがよかった、悪かったなどと伝えられる内容は様々です。

「前職では」を使った例文

・『前職では出張がほとんどなかったので、それが多い今の会社は新鮮に感じます』
・『前職ではプロジェクトリーダーを務めていましたので、人をまとめるのは得意とするところです』

「前職では」の類語や言い替え

・『前部署では』
会社などの同じ組織内で部署の異動があったような際に、前の部署のこととして使うことができます。

そのように使う専用の表現になるため、会社などの所属先自体が変わった時には使うことはできません。

まとめ

「前職では」は、その前に勤務していた会社や組織、または自営だった時には、といった解釈で用いられる表現になります。

直近のそれらが対象になり、その更に前になることについては使えないので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました