「勘違いでしたら」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「勘違いでしたら」とは? ビジネス用語

ここでは「勘違いでしたら」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「勘違いでしたら」とは?

「勘違いでしたら」は、間違って解釈していたら、という意味で使われます。

この「勘違い」は、解釈が何通りかあるような時に間違えしまうことで、例えば、ビジネスシーンにおいて口語で「きしゃ」と発音すると、「貴社」なのか「記者」なのか、はたまた「汽車」なのかといった同音異義語の問題が出てしまいます。

もちろん文脈から判断がつくことがほとんどですが、このような「勘違い」をしないよう、「貴社」は口語では使わず、そちらでは「御社」と言い替えるのがビジネスにおける常識となっています。

この手の発音における受け取り間違いをしたと思った時など、何通りかの受け取りができるような時に、もしこちらが間違っていたらといった使い方で「勘違いでしたらすみませんが、○○は△△ということでしょうか」などという用い方で使われます。

「勘違いでしたら」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「勘違いでしたら」は、自分が解釈間違いをしていないかとその相手に訊ねるために使われる表現です。

その解釈で合っているとは思うものの、もし間違っていたら大変だと考えて、その確認として用いられることが多く、解釈違いのしようがない内容や、単なる間違いについては用いません。

ですが、「勘違い」については「明日だと勘違いしていた」のように、単なる記憶違いという解釈でも使われることがあり、それ自体は全く問題のない用い方になりますが、ここで紹介している「勘違いでしたら」といった表現は、そのようなただの間違いで使うことはまずなく、その時には以下で類語として挙げている方が向いてます。

口語、文章のどちらでも用いられますが、どちらかと言えば口語にて、その場で間違って解釈していないか聞き返すといったシチュエーションでよく使われています。

「勘違いでしたら」を使った例文

・『勘違いでしたらすみませんが、カキとは樹に成る果実の方でしょうか』
・『こちらの勘違いでしたら申し訳ないのですが、翌週の頭とは日曜日のことですか』

「勘違いでしたら」の類語や言い替え

・『間違っていましたら』
「勘違い」に限らず、記憶違いや単なる間違いに対しても使うことができます。

よって、こちらの方が使える幅が広く、「勘違いでしたら」を包括した意味で使える表現となっています。

まとめ

「勘違いでしたら」は、解釈違いをしていたら困ると考えて用いる表現です。

自分としてはこう思うが、そうではないかといった使い方になり、解釈が何通りかある場合の確認のために用いられています。

タイトルとURLをコピーしました