「厳しい暑さが続いておりますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「厳しい暑さが続いておりますが」とは? ビジネス用語

ここでは「厳しい暑さが続いておりますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「厳しい暑さが続いておりますが」とは?

「厳しい暑さが続いておりますが」は、夏の暑い季節に定型的な挨拶として使われます。

夏真っ盛りといったシーズンから残暑と呼ばれ始める頃までの、今こそが夏だといった時期に用いるべき表現で、これを使って適した挨拶文を作ることができます。

意味はそのまま暑さが続いている中ですがとなり、その暑さに関しては特にこれという決まりなどはなく、使う本人が暑いと感じればその感覚で用いて構いません。

毎年8月8日頃の立秋を過ぎた残暑の時期には、この前に「まだまだ」とつけることで残暑見舞いの挨拶としても使うことができ、そのままでは8月の中旬までが用いるのにちょうどいい時期になります。

「厳しい暑さが続いておりますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「厳しい暑さが続いておりますが」は、この後にご機嫌伺いになる文言や相手の身体を気遣う表現をつけてつかうものです。

冒頭の場合はその前者、締めの文章なら後者が適しており、個人的な手紙のやりとりなどから、ビジネスでも使うことができます。

文章専門の表現になるので、近年ではそのよう時期のメールの冒頭や文末で見掛けることが多く、相手を選ばずに用いることができるので、取引先になる相手や目上の人にも問題なく使えます。

以下の例文は、それぞれ冒頭と文末の挨拶文になる使い方です。

これらは同じ文章中で一緒に使うことはなく、どちらか一方を使うのが通例です。

「厳しい暑さが続いておりますが」を使った例文

・『厳しい暑さが続いておりますが、ご健勝のこととお喜び申し上げます』
・『厳しい暑さが続いておりますが、くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします』

「厳しい暑さが続いておりますが」の類語や言い替え

「暑さ厳しき折」
こちらを使っても意味は同じです。

表現的に堅くなるため、目上の人やビジネスで使う場合に向いています。

「厳しい暑さが続いておりますが」と同じく、この前に「まだまだ」とつけると残暑の時期でも使うことができます。

「夏空が眩しい毎日ですが」
この表現でも夏の暑さを表現することができます。

少し風流な要素を含んでいるため、年配の人に対して用いるのに向いており、こちらは前に「まだまだ」とはつけることはせずに、そのまま夏真っ盛りといったシーズンに使ってください。

まとめ

「厳しい暑さが続いておりますが」は、夏の最中の挨拶文にうまく使うことができる定型表現になります。

前に「まだまだ」とつけると残暑の時期にも使うことができ、暑中見舞いから残暑見舞いまで夏の時期に便利に使うことができる表現です。

タイトルとURLをコピーしました