「取り急ぎのご連絡となりますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「取り急ぎのご連絡となりますが」とは? ビジネス用語

「取り急ぎのご連絡となりますが」とは?

ビジネスの場面におけるメールや会話での使い方や敬語の用い方の徹底した解釈を行なった結果を詳しく説明します。

「取り急ぎのご連絡となりますが」とは?

「取り急ぎ」は、「取り敢えず」「急いで」という二つの意を持つ語句です。

よって、この言いまわしのは「取り敢えず急いでお伝えしますが」という意です。

「ご連絡」という丁寧な言い表わし方をしているため敬語ではありますが、取り敢えず伝えるという行為は失礼と取られる恐れもあります。

失礼を覚悟の上、スピード重視で伝えているということと、さらに「伝える内容が不十分で申し訳ありません」といった気持ちも込められています。

「取り急ぎのご連絡となりますが」のビジネスの場面におけるメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

メールで「取り急ぎ」を用いるケースでは、「このメールでは詳しい説明等は十分ではないが、取り敢えず急いで連絡しています」という意です。

この語句は謙譲語に丁寧語が付加された語句であるため、上司や目上の人にも使えます。

ビジネスシーンにおいて、メールなどでよく用いられていますが、急を要する場合に用いることが一般的であるため、緊急性のない場合に用いるのは不適切なケースがありますので注意が必要です。

また用いる相手との関係性も重要です。

あまり親しくない相手に用いると不快感を持たれるリスクもあります。

さらにこの言いまわしを用いる場合は、余計な情報はできるだけ排除して本当に必要な情報だけを伝えるようにしましょう。

「取り急ぎのご連絡となりますが」の正しい敬語表現

冒頭に副詞の「取り急ぎ」が付き、謙譲の意の接頭辞「ご」がついた「ご連絡」「~となりますが」から成り立つ語句です。

「なり」は動詞「なる」「ます」は丁寧語です。

よって丁寧な謙譲表現の語句と言うことになります。

ただし、上述のように不快に取られるケースもありますので、表現を変えてみるのも効果的です。

例えば、「取り急ぎ」「まずは」に言い替えて、「まずはご連絡のみにて失礼いたします」と言い表わすことでさらに丁寧な言いまわしになります。

「取り急ぎのご連絡となりますが」の敬語を使った例文

この語句を使用した例文を以下に紹介します。

・『取り急ぎのご連絡となりますが、急なアクシデントで対応できませんのでご一報いたします』

「取り急ぎのご連絡となりますが」の類語・言い替え

この語句の類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『まずはご一報のみにて失礼いたします』
・『略儀ながら、メールにてご一報申し上げます』
・『取り急ぎで恐縮ですが、ご検討お願い致します』
「取り急ぎ」の言い替えとしては「まずは」があります。

「取り急ぎ」よりは緊急性が低いですが丁寧な表現です。

他にも「略儀ながら」といった表現もよく用いられています。

「取り急ぎ」を使いたい場合は、「恐縮ですが」を添えることで失礼ではなくなります。

まとめ

この語句は「取り敢えず急いで伝えたい」という意の敬語です。

「取り急ぎ」を使ってメールを送った場合は、詳細説明を後で送るなど早い段階で必ずフォローを行ないましょう。

タイトルとURLをコピーしました