「叶いますでしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「叶いますでしょうか」とは? ビジネス用語

ここでは「叶いますでしょうか」の意味や使い方を詳しく見ていきます。

「叶いますでしょうか」とは?意味

「叶いますでしょうか」は、そうしてもらえないかとお願いするために使う言葉です。

暗にそのような意味をもっていたり、強くは表現していないものの、実質的にお願いとして使われるような言葉は色々ありますが、その中でも一番直接的な強いお願いとして用いられます。

このように使った方は、どうしてもそのお願いを聞いて欲しい、そうしてもらわないと困るといった勢いになるため、あまりおすすめできる言葉でもありません。

無茶な頼みだと分かっていながらそれを通して欲しいと使う表現なので、ビジネスシーンではこうお願いされた側が困ってしまうことが多く、それは(少なくともそのままの形では)できないというケースがほとんどだと考えてください。

「叶いますでしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスシーンで「叶いますでしょうか」と使うことになった時は、言わば駄目元でお願いするしかないといったシチュエーションです。

そのため、聞いてもらえなくても仕方がないと考えておくべきで、使った相手からはそこまで困っているのかと思われてしまうことになるでしょう。

口語より文章向きの表現で、ビジネスでこう使うのは言ってしまえば最後の手段ともなるため、よほどの場合でもないと使うべきではありません。

できればそこまで強い要求にはならない「お願いできますか」などと置き換えるべきで、下手に「叶いますでしょうか」と使ってしまうと、その困り具合を察知されてしまい、時には相手に足下を見られることにもなってしまいます。

逆にこのように使われた方は、相手も無茶だと分かって言ってきていると判断できるため、断ってしまっても構わないケースが多いです。

「叶いますでしょうか」を使った例文

・『ご無理は重々承知しておりますが、そのように叶いますでしょうか』
・『納期を1ヶ月ほど延ばしていただきたいのですが、叶いますでしょうか』

「叶いますでしょうか」の類語

「可能でしょうか」 これも直接的なお願いになる表現ですが、「叶いますでしょうか」ほど強くなく、普通に考えるとどれだけ困ったとしても使っていいのはここまでです。

この表現でも相当困っていることには違いなく、こちらもビジネスシーンではできれば使わないに限ります。

まとめ

「叶いますでしょうか」は、これ以上ないほどのお願い、頼みになる表現です。

使われた相手からすれば、ここまで言ってくるからにはよほどのことだと推察されるため、言わば最後の手段として用いる言葉だと考えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました